『ホモ・デウス』からの思考(2) 〜 世界的流行風邪の結論

『ホモ・デウス』からの思考(2) 〜 世界的流行風邪の結論

2021/5/6

家畜は、檻で囲われて、生活している。自由も娯楽もない。

だから、家畜化するためには、自由を制限することだ。そして、娯楽を奪うことだ。

経済を回すための歯車として、仕事だけをさせて、ステイホームで、家に閉じ込める。そして、旅行や呑み会という娯楽を奪う。

旅行をさせない。ステイホームをさせ、最強のメディアであるテレビで、情報弱者を洗脳する。特に、情報弱者で、テレビを信じて疑わない老人を洗脳する。

人との交流を立つ、仕事はリモートワークにする。リモートワークができない仕事なら、仕事後の人の交流をさせない。呑み会をさせない。ただ仕事をするためだけに会社に行かせる。そして、家に帰らせて、テレビを見るような環境を整える。

ルールに洗脳されて大勢の人が気付かない。

  • 自由を制限されて気付く人もいる。
  • 娯楽を奪われて気付く人もいる。

自由と娯楽を奪われたら、人は何のために、働くのか?

ただ生きるため?

ただ家畜のように生きるためなら、働く必要はない。日本には、生活保護という最強のシステムがある。

世界的流行風邪は、人から自由と娯楽を奪った。その結果、働く目的を失いつつある。

姿形を見せない何者かわからない人類の支配者は、人類の家畜化をはじめた。
新しい時代の幕明けである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました