『ホモ・デウス』からの思考(3) 〜 働く意義

『ホモ・デウス』からの思考(3) 〜 働く意義

2021/5/6

ステイホームと禁酒法によって、自由と娯楽を奪われた。

旅と女と酒という、形に残らない娯楽にしか、今、禁じられている娯楽にしか興味がないならば、働く目的が存在しない。

物質的な豊かさに興味がないならば、何を目的に働くのか?

タワマンや持家のような住居、ブランド品、時計や車という物質的豊かさに興味がないならば、働く目的を失う。

旅と女と酒のために、働くのだ。食べるためではない、生きるためではない、人生の娯楽を楽しむために働くのだ。

  • 自分が2年以上も無職を続けている理由の一端が見えた。
  • 自分が何を目的に働いていたのか可視化された。

そして、娯楽がない世界は、モノクロの世界で、鮮やかな配色は、娯楽が生み出した世界だったことに気付いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました