【分析】湯治

【分析】湯治

2021/3/21

湯治という言葉がある。

大学のときに、病気した人が居て、その人から、湯治のために、温泉に行こうと誘われたことが、湯治という言葉を、知ったきっかけである。

湯浅という、名前と生き方がある。

湯浅の ” 湯 ” は、お湯の ” 湯 ” である。

湯浅という名前で生まれ、湯浅という名前で生きてきた。

湯浅という名前の俺が、温泉のお湯に浸かったら、今抱える病気も、湯治する。お湯で治るんじゃないか?治るに決まっている。俺は湯浅だから。

なるほど、病気の治療は、温泉に浸かって、非日常を味わって、ゆっくりすること。即ち、それは、日常からの解放であり、ストレスからの解放である。

だから、湯治は、効くんだ。

湯治の分析完

コメント

タイトルとURLをコピーしました