悲しみの値段はいくらか?~人の死を金銭に換算する

悲しみの値段はいくらか?~人の死を金銭に換算する

2020/9/12

イギリスの経済学者ニック・ポータヴィーは、さまざまな事象を金銭に換算している。

<家族と死別したときの悲しみの対価>

配偶者:5000万円
子ども:2000万円
兄弟:16万円

(参考)友人:130万円

幼いころは親しかった兄弟も、年を重ねるにつれて疎遠になっていく。兄弟の絆の価値がたった16万円なら、親の相続によって、兄弟が骨肉の争いになるのも、納得である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました