人間の最大の欲求とは、何か?~心理学観点と宗教観点

宗教

人間の最大の欲求とは、何か?~心理学観点と宗教観点

2020/9/3

心理学観点と宗教観点という違う分野から、人間の最大の欲求の本質についての考察

心理学者マズローの欲求の分類

<マズローの欲求5段階説>

  1. 生理的欲求
    生命活動を維持するために不可欠な、必要最低限の欲求
  2. 安全の欲求
    身体的に安全で、かつ経済的にも安定した環境で暮らしたい
  3. 社会的欲求
    社会集団に所属して安心感を得たい
  4. 承認欲求
    集団の中で高く評価されたい、自分の能力を認められたい
  5. 自己実現の欲求
    自分にしかできないことを成し遂げたい、自分らしく生きていきたい

マズローの欲求5段階説の中の5段階目
=最終的な欲求である自己実現

自己実現の欲求とは、
自分にしかできないことを成し遂げたい、自分らしく生きていきたい
ということである

マズローが、唱えるのは、自己欲求の実現こそが、人間の欲求の最終的なものである

宗教の教え

どんな宗教でも、有名な宗教であれば、与えることがいいことであると書いてある。

喜捨とは?
喜捨はいいことで、喜捨をすると幸せになれる。
他者に何かを施すことが、人生で1番幸せだと説いている。

誰でも、喜捨をできるような、仕組みもある。

【参考】
2019年4月5日世界一周21日目
世界一周、初期のnoteは、さすがに、恥ずかしい。

宗教は、自分が嫌なことは、他人にしてはいけない。
そして、他人の幸福のために、働くこと。
特に、貧困の人、不幸な人のために働くこと。
と、説いていて、ターゲットは、あくまで、他人である。

マズロー:人間の欲求は、自己に向かう
宗教:人間の欲求は、他人に向かわせるべき

アレってなる。違うじゃんってなる。

よくよく調べてみると、マズロー第6段階目の欲求を、示唆している記述がある。

自己超越の欲求
他者や社会など、自分の外にあるものに対する貢献

心理学的観点からも、宗教的観点からも、他人を愛せよということに収束した。
湯浅は、他者に対しての関心には、まだまだ遠いけど、いつかは、そこに辿り着きたい。

<今日の言葉>
 
自らを押しつぶす手にさえ、その香りを与える花のようであれ。
 
イマーム アリー・イブン(イスラム教の預言者ムハンマドの養子)

コメント

タイトルとURLをコピーしました