無知の知

お金

2021/5/23

人は無知故に奪われる

人は無知だ。

そして、自分が無知であることに気付かない。

自分が知らないことにはアクセスできないから、自分が無知であることに辿り着かない。

無知の結果は、何か?

1番、必要なモノを奪われる、お金である。

無知の結果は、その知がある人に奪われる。

ただ、それだけだ。

両親は無知だから、自分の親の遺産で買った自宅を手放した。そして、無知だから、その原因がわからない。否、わかろうとしていない。

そこにあるのは、ただの無知だ。
自分が無知であることすら、気付かない。
何も考えていない。ただ、存在しているだけである。

もう、そこには、存在価値しかない。

「死とは何か」からの思考(4) 〜 人生は夏休みの思い出作り
死ぬまでが、生。生を輝かせるために、人生はある。欲しいのは、死ぬ直前の人生のやりきった感である。人生という思い出を抱えて、人は死を迎える。人生という思い出作りのため、生きる。

無知の知からはじまる

カフェで、たまに目にする保険の勧誘

無知の結果は、お金を奪われる。

  • 保険会社の社員の給与が、いいのはなぜか?
  • インフレとは何か?
  • 日本の公的制度の保障内容はどれほどか?
  • 投資とは何か?

知に触れる機会がないと、無知だと、お金を失う。

知は、自分の意思で得ようとすれば手に入る。

  • お金のことを知りたかったら、お金の知識を得ようとすればいい。
  • 投資のことを知りたかったら、投資の知識を得ようとすればいい。
  • 働きたくなかったら、経済的自由の知識を得ようとすればいい。
  • 人生のことを知りたかったら、時間の知識を得ようとすればいい。
  • 命について知りたかったら、死の知識を得ようとすればいい。

自分を知り、自分のお金を守れるのは、自分だけだ。

  1. 自分の無知を自覚する。
  2. 自分に必要なモノを可視化する。
  3. 自分に必要な知にアクセスする。
  4. 知を得て行動する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました