イメージというリアル

湯浅

イメージというリアル

2020/11/14

人間は、イメージに刷り込むと、その方向に思考が寄るようにできている。

脳がきちんと、その情報を落とさずに、残すからだ。

脳は、5感から入る情報を処理している。

  • 視覚
  • 聴覚
  • 味覚
  • 嗅覚
  • 触覚

この5つの複雑な要素を、同時に処理している。だから、5感から得たほとんどの情報は、捨てられている。

例えば、1日の生活の中で、覚えていることくらいの情報以外は、脳が全て捨てている。脳は99%の情報を捨てている。

だから、自分の脳にイメージを刷り込むと、脳の情報取捨選択システムが変わってくる。脳が、これまで捨てていた情報の中から、イメージを叶えるための情報を残すようになる。

そうすることで、イメージを叶えるための情報が集まることによって、自然とその方向に進んでいく。

「できないと思うから、できないのだ」

という答え

「為せば成る、何事も」

という答え

それは、どちらも、意識やイメージが正しくて、そのイメージが全てという言葉である。イメージを、強く持てば、叶わないことはないんだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました