【本要約】直感に刺さるプレゼンテーション

【本要約】直感に刺さるプレゼンテーション

2021/7/6

プレゼンの目的

どんなに正しいことを言っても「おもしろい」「楽しい」と感情が動かなければ、人は動かない。
プレゼンの目的は、聞き手に話の内容を理解してもらった上で、実際に行動してもらうこと。

人は理解しただけでは、行動してくれない。

「言っていることは正しいし、理解できるけれども、行動してくれない」
ということは世の中にたくさんある。

プレゼン構造

プレゼンの目的

【話し手】
聴き手に話の内容を理解してもらった上で、実際に行動してもらう。

【聴き手】
聴き手にとって、メリットのある提案を選び、実行する。

プレゼンのゴール

【プレゼンの聴き手の階層構造】

雑音 → 認知 → 理解 → 共感 → 行動

雑音・認知・理解 … 論理的なアプローチ
共感・行動 … 感情的なアプローチ

【感情的なアプローチ】

  • ビジュアル
  • ストーリー
  • 話し方

プレゼンのテクニック

  • 図解は論理的
  • イメージは感情的

図解で感情は動かせない。
表・グラフ・マップなどの図解は、論理的な存在である。

感情を伝えるのが得意なのが、写真である。

ビジュアルを、図解と写真に分けて見直す。

聴き手が知らないことは、伝わらない。

1メッセージ × 1ビジュアル ÷ 1スライド = 伝わるスライド

企画立案書とスライドは異なる。

【企画立案書】
・自分がいない
・読む資料
・担当者が社内で使うツール
【プレゼンスライド】
・自分がいる
・見せる資料
・言葉をサポートする道具

伝え方

伝える順番で伝わり方は変わる。

聴き手は自分に興味がない話は聞いてくれない。聞き手の関心のある話でも、伝え方を間違えると、メッセージが届かない。聴き手は、自分の聴きたいようにしか話しを聞かない。回避するには、聴き手との共通点を探す。

失敗談にこそ個性が現れる。聴き手は、成功談よりも失敗談に共感する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました