【本エッセンス】ユダヤの商法2

【本エッセンス】ユダヤの商法

【本エッセンス】ユダヤの商法
感情と金儲けは、切り離して考える。金儲けは数字(客観)だから、感情(主観)と切り離して考える。数字で判断して、自分の信条を貫く。

2021/8/17

消費が早い商品を考える。
同じ商品を視点を変えることで、新しい価値を与えることができる。
自分が扱う商品を考える。
自分が扱う商品の本質は何かを考える。
好きな商品で、商売をしない。
時は金なり、時間も商品である。

金儲けは、数字で判断した自分の信条を貫く。
数字は客観で感情は主観である。
金儲けは、数字(客観)だから、感情(主観)と切り離して考える。
金儲けのことを考える、考え続ける。

商売は必ず予測を立てる。
予測を立てて、その通りにいかず、その先の見通しが立たない場合は、その商売から手を引く。
商売に、個人の思想・感情は不要で、商人は利益を上げることだけを考える。
商人は、消費者を教育し、売るのではなく、買わせるのだ。

お金より信用に価値がある。

人は食べるために働く、働くために食べるのではない。

病気は気の病だから、気のせい。

人は日々変わり続けている、人が変われば社会も変わる。

契約は神との約束だ。契約は100%だが人は60点で合格だ。

【導入】ユダヤの商法
高校生の時、『ユダヤの商法』を読んで、感銘を受けた孫正義少年は、藤田田さんの元へ行った。そこで、藤田田さんに、「アメリカでコンピュータを学びなさい」と教わった。そして、一代で、ソフトバンクという大企業を、作り上げた。
【本要約】ユダヤの商法
ユダヤ商人は、金儲け、節税のためなら、国籍すら、売ってしまう。自分のアイデンティティや感情は関係ない。金に対して、フラットで合理的である。ユダヤ人の価値観の基準は、金である。「清貧が、素晴らしい」という価値観など存在しない。清貧は、ただの貧乏だから、軽蔑される。
【感想】ユダヤ商法
藤田田さんは、金という。それは、お金に支配されていない証左である。お金を自分の支配下に、自分の管理下に、置いている。お金をツールとして扱っている。だから、お金と言わない、金という。

コメント

タイトルとURLをコピーしました