高円寺での初呑み3/3

仕事

高円寺での初呑み3/3

2020/12/22

彼女は、とても、わかりやすくて、いい。自分の価値観を隠しもせず、公にしているところに好感が持てる。これからの時代は、そういった正直さが求められるはずだ。

広告の価値は、減少していくだろう。芸能人がCMをしても、その芸能人は本当は、もっといい車に乗ってるし、もっといい時計をしているのが、わかってしまう時代である。そう、彼らは、仕事だから、車や時計の宣伝をするけど、その対価で、もっといい車に乗って、もっといい時計をしていることが、バレているのである。

だから、彼らは、事実ではない、嘘を売っているように見える。実際は仕事だから、関係ないのだが、自分が使ってない商品を、あたかも自分が使っているように、宣伝することは、嘘と感じてしまう人もいる。

一方で、広告費を貰わずに、本当に自分がいいと思ったモノを、本当に自分が使っているのモノを、紹介する人の広告は、リアルであるから、訴求力が強い。企業は、本当に価値があるいいモノを作って、一部のインフルエンサーに伝え届けるマーケティングをして、そこで、はじめて、世の中に、その商品が広まっていく世界は、目の前である。

広告の対価をあてに、信用を売っている芸能人の未来は暗い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました