思考の隙間を学びに

YouTube

思考の隙間を学びに

2020/12/10

「支出を、浪費、消費、投資に分けて、浪費を減らして、投資をしよう」っていうのが、多くのほぼ9割のマネー本の答え

なるほど

湯浅が実践して、これはいいなという行動様式

人が何気なく過ごしてる時間は、4種類にカテゴライズされる

  1. インプット
    ネットの情報、仕事、打合せ、SNS、本の情報
    学び
  2. アウトプット
    仕事、打合せ、SNS、ブログ
    発信
  3. 娯楽
    テレビの全て、エンタメのYouTube
    時間の浪費
  4. その他の時間
    駅まで歩いている時に考えること
    電車に乗っている時に考えること
    家で家事をしている時に考えること

その他の時間って、その間にも、何か考えていたりするんだけど、そんなことは記憶にない。

そう、いつも忙しい、現代人の隙間時間である、その他の時間を変化させるだけで、圧倒的に変わる。

ビジネス系YouTuber本要約YouTuberって、映像を見なくても、理解できる作りになっている。

なぜなら、その視聴者が、時間がないビジネスパーソンだからだ。

それらのYouTubeをダウンロードして、

その他の時間を、ただ漫然と、作業をするのではなく、ダウンロードした動画を聴きながら作業する事で、作業の時間が、短縮されるわけではないが、本を読んだと同じような価値、即ち、学びの時間となる。

これが、今の最適解。

コメント

タイトルとURLをコピーしました