苦手なモノは、放置しておいていい。

歴史

苦手なモノは、放置しておいていい。

2021/4/18

歴史を学ぶ

数学や理科は得意で、国語や社会は苦手だった。特に歴史が苦手だった。「こんな過去のこと覚えて何になる?」とおもっていた。

世界一周したら、「自分がいかに何も知らないか」に気付いた。宗教のこと、歴史のこと。歴史の積み重ねで今がある。

歴史に興味を持った。その切り口は、変わっているかもしれないが、興味が持ったのは事実である。

それから、歴史以外にも、たくさんの本に触れた。

自分の考えていることは、誰でも考えている。自分がわからないことは、以前に誰かがわからなくなって解決してくれている。自分が困ったことは、その前に、誰かが困っているのだから、その困った人に聞けばいい。

  • それが、ググることである。
  • それが、本を読むことである。
  • それが、歴史を学ぶことである。

お金持ち

お金持ちになりたいなら、「お金とは何か?」について学ばなければならない。

「お金とは何か?」についてわかってきたら、お金の歴史について学ばなければならない。

そして、学んだことを実践する。
その先に、お金持ちの未来があるはずだ。

歴史

本からたくさんの知識を得て、思考を繰り返しているうちに、何かわからないことがあれば、「歴史を辿ればいい」という思考にすらなっている。

歴史は、おもしろい。

苦手なモノを30年近く放置してたら、それに興味が出て、自分で学ぶようになった。

興味こそが、学びの原点。

興味がないものは、学べない。

今は、興味がなくて、未来に、興味が出てくるかもしれない。

苦手なモノは、放置していい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました