好きと欲しいの違い 〜 お金が好きではなく、お金が欲しい

知識

好きと欲しい

2021/7/3

好きと欲しいの違い

お金が好きじゃなくて、お金が欲しい
お金が好きは、お金を使うのが好き
物が好きじゃなくて、物が欲しい
物が好きは、物を自分のモノにしたい
りんごが好きは、りんごが欲しい
りんごが好きは、りんごを食べるのが好き

ハーレー

ハーレーが好きは、ハーレーが欲しい。
ハーレーをお金を使って、自分のモノにしたい。ハーレーに乗るのが好き。
そうじゃなかった。
ハーレーを「カッコいいなー」って見るのが好きだった。
ハーレー乗ったら乗りにくい。
全然、実用的じゃない。
ハーレーは鑑賞するモノ

「ハーレーが欲しいな」って思っているときが、楽しかったし、ハーレーを買った瞬間がピークで、自分のモノになった瞬間から、その価値は逓減していく。

何が好き?

  • 好きということ
  • 欲しいということ
  • 手に入れるということ
好きは、「何が好きなのかの行為」を明確にしなければならない。
欲しいは、モノや環境であって行為ではない。
  1. ハーレーを欲しかった
  2. ハーレーを乗るのは好きじゃなかった
  3. ハーレーを見るのが好きだった
  4. ハーレーを自分で保持するのは好きじゃなかった

だから、もう、ハーレーは欲しくない。
街で「カッコいいなー」って見るが好きだ。

  1. 時計が欲しかった
  2. 時計を付けるのが好きだった
  3. 時計を見るのが好きだった
  4. 時計を付ける習慣がなくなった

ハーレーも、時計も、モノだ。
モノへの興味は、好きという感情は、なくなった。

本質の明確化

好きは何が好きなのかの行為を明確にしなければならない。

アクセサリーが好きなのではなく、アクセサリーを付けた私を、人に見てもらって、人から羨ましいと思われることが好き。

アクセサリーの本質は、物質そのものではなく、人からの羨望である。

高級車が好きなのではなく、高級車に乗っている俺を、人に見てもらって、人から羨ましいと思われることが好き。

高級車の本質は、移動手段ではなく、人からの羨望である。

移動手段なら、タクシーに勝るモノはない。

現代の合法的略奪~スマホ依存で失われるお金以上の価値
現代の僕らは、スマホに時間を奪われている。スマホを触っていて、気が付けば、数時間過ぎていたことなんて誰しも経験があるに違いない。スマホのアプリは、脳科学を利用した、"世界トップクラスのハイテク企業の英知の結晶"である。僕たちが、スマホ依存に、抗えるはずがないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました