今を生きる2 〜 自由とは知識

湯浅

今を生きる2〜自由とは知識

2021/7/14

今を生きる1 〜 未来という概念
私たちは、未来という概念を手に入れたせいで、今を生きるということを放棄した。今を生きるということは、無我夢中で何かをやること。
私たちが手に入れた未来という概念は、不安を生む。
お金という不安の種を、未来から現在に運んできた。

お金と自由

自由を手に入れるためには、お金が必要だ。
お金があれば、ほとんどの自由は手に入る。

  • 欲しいモノを買うことができる。
  • 美味しい料理を食べることができる。
  • 旅行に行くこともできる。
  • 仕事をしなくてもいい。
お金で得られるのは、自由という名の選択権である。

高級な物欲・豪華な食欲を満たしてもいいし、満たさなくてもいい。
遊んでもいいし、仕事をしてもいい。

経済的自由

お金を手に入れるためには、不自由の中に、身を置かなければならない。生まれた時から、お金持ちである人は少数だ。だから、人は、お金を稼ぐために仕事をしなければならない。今、やりたいことを、脇に置いて、仕事をしなければならない。

仕事をしても、多くの人は、自由を手に入れることはできない。それは知識がないからだ。経済的自由という言葉を知らなければ、経済的自由になれるはずがない。

経済的自由
資産所得だけで日常の生活費が賄われている状態

経済的自由を知っても、経済的自由を手に入れることは、難しい。経済的自由を知ることは、経済的自由は人生における最高難易度のハードルだと知ることである。でも、知らないことには、欲しがれない。

知識と幸福

私たちには、知識が必要なのだ。知識こそ、幸福の源泉である。知識がないと、幸福を定義できないし、幸福の掴み方がわからない。

知識を付けて、幸福になろう。

コレが、湯浅のメッセージである。

「資本主義とは、無知であることに罰金を科す社会である。」
という表現ほど、胸に刺さる言葉はない。

損したくなきゃ、お金を奪われたくなきゃ、知識を付けるしかないのだ。

今を生きる3 〜 超富豪の仕事
超富豪が働く理由は3点ある。人は、社会性の生き物。欲しいのは、お金ではなく、人からの名声。結局、仕事が1番楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました