損得思考 〜 損していないではなく、得すると考える

お金

2021/7/12

ポイントカードを貯めることは、実は損している
1円のために、ポイントカード出すという行為、そのものが、1円以上の時間を無駄にしている。もっと言うと、ポイントを貯めようと思考する、その考えること自体も、思考を無駄に使っている。

「損したくない」っておもって、生きてきたし、今も「損したくない」とおもっている。

損する
本来、得られる利益が得られない状態

「損したくないって、考えたことがない。得したとおもうことは、ある。」という価値観に触れた。

何?どういうこと?

損したくない ≠ 得した
  • 損したくないは、ネガティブの否定である。
  • 得したは、ポジティブである。

その根幹の感情が異なる。

ネガティブの否定が、ポジティブになるわけではない。

「損したくない」ではなく、「得した」とおもう方が明らかに幸福だ。
ポジティブシンキングである。

「損したくない」ではなく、「得した」という思考をインストールして、生きていくためには、もっと、根本から、何かを見直す必要がある。

その何かは、わからない。

これまでの生き方を根本から見直す何かなんて、すぐ分かるわけではない。簡単じゃない。

否定から入るのではなく、肯定から入る。

PMA:積極的な姿勢
https://junjourney.com/think-and-grow-rich2/

コメント

タイトルとURLをコピーしました