最低時給が存在しない世界2 〜 時給200円未満の日本社会

社会

2021/7/4

最低時給が存在しない世界1 〜 時給200円未満の日本社会
健常者が、「障害者も社会参加が必要だ」と考えて、仕事をさせているのかもしれない。それは「仕事をすることは、社会の一員である」という価値観である。

仕事

仕事とは何だろうか?

最低時給が保証されている健常者と、保証されていない障害者がいる。

仕事とは、労働の対価に金銭を得る。その仕事の難易度が高いほど、その対価も上がっていくのは事実だ。単純な作業しかできない障害者の労働の対価が低いのは、仕方がない。

私たち健常者は、仕事を選ぶことができる。仕事を選ぶどころか、仕事をしないという選択もある。

障害者にとっての仕事とは、金銭が目的でないことは明らかだ。

社会参加だとして、本人が望んでいるのか?

自由

湯浅は、今は、仕事をしていない。無職である。社会参加してない。それは、俺が望んでいることだ。自分で望んでいることだから、問題ない。

  • 健常者は、自由を選択できる
  • 障害者は、自由を選択できない。

障害者が自由でないのは、健常者が、その価値観によって判断しているからである。
仕事をしなければいけないというのは、健常者の価値観である。

1日800円の仕事はしたくない人が、人に、1日800円の仕事をさせている。
1日800円の仕事はできない健常者が、障害者に、1日800円の仕事を強制している。

無職だからこそ見える価値観かもしれない。

最低時給が存在しない世界3 〜 時給200円未満の日本社会
人間が、仕事によって生み出す経済的価値の社会的評価が、お金という数字である。その社会的評価以外の評価基準は何があるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました