お金の本質

お金

お金の本質

2021/11/17

お金とは、すべての人に、わかりやすくするために、お札や硬貨の形をしているだけだ。

交換しやすくするために、物質の形をしている。

お金の役割
・価値を測ることができる。
・交換できる。
・貯めておくことができる。

この役割が果たせれば、お金は現金という物質の形を為す必要はない。

自分のお金が、すべて家にある人は少ない。家には、ある程度の現金があるだけで、残りのお金は、銀行に貯金してあるはずだ。銀行ではわずかでも利子が付くし、何より安全だ。火事や泥棒のリスクがない。

私たちのお金の大半は銀行に貯金されている。

世界は、キャッシュレスの時代だ。もう、形のある現金である必要はない。

クレジットカードで、お金を使えば、毎月決まった日に、カードの支払いが行われる。銀行から、カード会社へ数字が移動する。銀行の数字が減るだけだ。スマホ、電気、ガス、水道、家賃といった支払いも銀行引き落としにしているなら、銀行からそれぞれの会社へ支払われる。銀行からそれぞれの会社へ数字が移動する。銀行の数字が減るだけだ。

私たちのお金は銀行にあって、支払いによって、数字が減少していく。

仕事をすることで、給料日にお金が、会社から銀行に振り込まれる。会社から、銀行へ数字が移動する。銀行の数字が増えるだけだ。

私たちは仕事をすることで、銀行の数字が増加していく。

お金の本質は、銀行に表示される数字の羅列に過ぎない。

銀行の数字が増えたり減ったりしているだけだ。仕事をすれば数字が増え、消費をすれば数字が減るだけだ。現金という物質に囚われていては、その本質は見えない。

私たちの仕事は、自分の時間という数字を銀行の数字に変換する作業に過ぎない。

私たちは、銀行の数字で、一喜一憂して過ごしている。数字が高ければ安心し、数字が低ければ不安になる。

高得点を目指すゲームと変わらない。

私たちは、ゲームのように、銀行の数字の高得点を目指している。でも、それは他人には見えないから、高級車や高級時計、ブランド品といった物質に代えて、アピールする。自分の銀行の数字が高得点であることを。大衆は、高得点のアピールのために、借金して消費している。高得点ではないことをひた隠しにして、物質でアピールする、私は豊かであると。

資本主義社会は消費が促されないと成長していかない。だから、資本主義社会は、大衆に消費を促す仕組みになっている。「借金して、家や車を買うということが豊かさだ」として、社会通念を形成していく。

資本主義社会は、投資によってお金持ちは更なるお金持ちになる仕組みだから、この仕組みは維持されていくだろう。お金持ちでない大衆が、この社会の不条理に気が付き、行動を起こすまでは。

資本主義社会にしても、その根本は、結局、銀行・金融機関の数字に過ぎない。そして、その数字の移動が経済である。

世界は、数字の移動に彩られている。
数字の移動という合理によって、社会が成り立っている。
  • 大衆は、目の前に見える物資的な現金に目を奪われている。

世界を牛耳っているのは、現金ではなく、数字を動かしている人々だ。お金持ちである資本家だ。

  • 大衆は、お金を使って、遊んでいる、そして、たくさんのお金があれば、もっと楽しく遊べると信じている。

資本家は、お金を使って、お金を増やしている。資産を肥大化させている。肥大化させる役割を持つのが大衆である。大衆の労働によって、資本家の資産は、増え続ける。

  • 大衆は、そんな事実を知らない。
学校教育に、お金の授業も、仕事の授業もない。学校教育は、受験戦争に勝つための学問を習うところで、生き方、人生に必要なお金と仕事について習うとこではない。
  • 大衆である私たちは、自分で知識を身につけていくしかないのだ、自分に必要な知識を、自分で掴みにいくしかない。

そして、高得点を目指して、銀行残高ゲームを始める。大衆から資本家への変容を目指す。

俯瞰して、抽象化する。

・人間が愛してやまないお金の本質は、銀行の数字でしかない。
・人間は、自分の人生という時間を使って、銀行の数字を増やしたり、減らしたりして、遊んでいる。
・人間の行動は、数字の移動へと帰結する。
お金持ちの輪郭
お金持ちになるためには、お金持ちの真似をしなければならない。自己流でやって、お金持ちになれてない現実があるのだから、お金持ちから学んで、徹底的に模倣する。自分の価値観を捨てて、お金持ちの思考を自分にインストールする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました