自由のために必要なこと

お金

「悪魔とのおしゃべり」からの思考

【本要約】悪魔とのおしゃべり
自分の中にある「正しさ」を疑う。正義のヒーローはいつも怒っている。そして、悪のボスはいつも笑っている。人間が怒る理由は、相手に期待しているから怒るのだ。

2021/9/5

自由になりたい、自由でありたい。

自由とは、なんだ?

好きなことをして生きていくことだ。

好きなことをして生きていくために必要なことは何だ?

経済的自由だ。

  • 仕事からの解放である。
    仕事をしなければならないコトから、選択肢のひとつとするコトだ。
    仕事をしてもいい、しなくてもいい。
  • お金からの解放である。
    それは、完全なる解放ではないけど、「お金をすべての前提として考えなくていい」というくらいの解放である。

自由の土台は、経済的自由だとわかった。
経済的自由を手に入れたい。
どうすれば、経済的自由が手に入るのか、知りたい。

学ぶ、学ぶ、学ぶ。
わからないことは、わかるまで学ぶ。
わかるためには、学ぶしかない。
学ぶことでしか、わからない。

そして、あるとき、ふと、気付く。

今、自分が自由であることに。

未来のことばかり考えていた。
経済的自由を手に入れる未来のことばかり考えていた。

毎日、経済的自由を手に入れた自分になるために、学んで、考えている。

なんのしがらみもない。
誰からも何も言われない。
自分の意思だけが存在する。

自分の意思で行動して思考している。

自分のことは見えない。
だから、気付かない。

自分を客観視できたときに、気付く。

今、この状態って、自由なんじゃないか?

何にも、誰にも、囚われていない状態である。

自分のことは、見えないから、気付かない。

だから、どんな本でも、必ず、書いてある。

他人の気持ちになれ
人のことを考えろ
自分を客観視しろ
自分の視点を空へ持っていきそこから見ろ
自分と相手ではなく第三者の視点で見ろ
神ならどうするか考えろ

どんな本にでも、繰り返し書いてあるのに、みんなできないから、書き続けられる。

だって、自分のことは、見えないから、気付かない。
他人のことは、見えるから、気付ける。

「客観視を手に入れる」ということも、自由の土台のひとつなのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました