わからないことを「ググらない」という新しい思考

湯浅

2021/7/9

起きたら、アリがいた。
家の中にアリがいた。
アリがたくさんいた。

問題が生じた。

この時の行動の選択肢

  • とりあえずググる。
  • 掃除機で吸い取る。
  • ゴミ箱に甘いものがないか探す。
  • アリを見る。
  • 放置する。

湯浅は、アリの動きを観察した。そして、思考した。

まず、今は、朝5時半だから、掃除機で吸い取るのは「近所に迷惑だろう」と考えた。

そして、朝から、殺生は、気が乗らない。アリは、危害を加えてきたわけじゃない。
蚊なら、殺す。蚊は、危害を加えてくるからだ。

アリは、何かしている。

ゴミ箱を見るが、甘いお菓子の袋にアリが群がっている訳ではない。むしろ、ゴミ箱にはアリは一匹たりともいない。

アリは、「甘いモノに群がる」というのは、経験による知識である。ググった訳ではない。

アリの目的が甘いモノでないとすると、掃除機で吸い取っても、解決にはならないだろう。また、アリは寄ってくるはずだ。

アリの目的は何だろう?

アリの目的を見つけないことには、解決しない。

ググらない。
放置した。

そして、思考した。

  • 掃除機で吸い取る。
    →殺生で、現在の問題の早期解決
  • ゴミ箱に甘いものがないか探す。
    →現在の問題の原因特定
  • アリを見る。
    →現在の問題の観察
  • 放置する。
    →現在の問題の解決を諦める
    →現在の問題の先延ばし
  • とりあえずググる
    →現在の問題の原因を調査

私たちは、分からないときに、ググる。検索する。調べる。

何を調べているのか?

自分のわからないことは、誰かの経験済みである。誰かが、同じような経験をして解決しているはずだから、その情報を得ようとしている。

  1. 問題が起こった時の解決方法を調べている。
  2. 問題が起こるのには、原因があるはずだから、その原因を調べて、解決しようとしている。
  3. 問題の原因を調べて、問題を解決しようとしている。
  4. 原因を調べて、解決という結果を得ようとしている。
  5. 原因から、結果を導く解決方法を調べている。

それは、原因と結果の法則を調べている。

【本要約】原因と結果の法則
自分のおもいが現象化して環境を変えてしまう。おもいが結果を変える。自分が手にしたいと考えていることは、繰り返しおもうことで、自然と結果となる。
  1. 調べるということは、何をしているのか?
  2. 調べるということは、法則を探している。
  3. 調べるということは、ルールを探している。
  4. モノゴトには、何かしらのルールがあって、そのルールを探している。

甘いお菓子の袋をベランダに置いた。
そしたら、「家の中のアリが、そっちに集まって、居なくなる」と考えたからだ。
夜に家に帰ってきた。
甘いお菓子の袋の中にアリはいたし、家の中にもアリはいた。

実験したけど、その結果は、家の中のアリが居なくなるルールじゃなかった。

ここで、「もういいや」と思った。

ググらないで、諦めた。

アリと共生する方向に舵を切った。
よく考えたら、そんなに不便はない。
たまに踏み潰してしまうことがあるかもしれないが、それは、もう、ゴメンだし、それ前提で、ここに住んでくれよだ。

そのうち、どこかでいきなり、ルールに気付くことがあるかもしれない。

わからないことを「ググらない」という新しい思考で、「ググらない」という行動を得た。

コメント

タイトルとURLをコピーしました