昨日と同じ日はない。

社会

昨日と同じ日はない。

2021/4/13

進化する人

時計の針は、前にしか進まない。人生も留まることなどできない。常に進み続けている。その中で、進化するか、退化するかは、自分次第だ。

  • 昨日より、できるのか?
  • 昨日と、同じなのか?
  • 昨日より、できないのか?

昨日より、何か一つでも、知識得て、できるなら、進化している。同じなら、留まっている。できないなら、退化している。

でも、多くの人が、昨日の経験を通して、昨日よりは、成長しているはずだ。その実感がないだけだ。人によって、その度合いが異なる。だから、相対的に、成長を感じ辛いのかもしれない。

変容した社会

人が日々変容を続けるように、社会もまた、変容し続けている。否、人が変容しているから、社会も変容しているに過ぎない。社会とは、人の集団である。

そして、現代においては、変容の速度が増している。

インターネットを、使っていない人はいない。インターネットの普及は約20年前だ。

スマホを、持っていない人はいない。スマホの誕生は約10年前だ。

もう、これから先の10年後を想像できる人はいない。

変容の創造主

一部の特権階級のエリートによって、社会の変容は創造されている。

だが、我々、一般大衆は、その速度に付いていくことができない。あまりにも、目まぐるしく変容していく日常に、付いていく能力がない。

しかし、社会は、変容していく。エリートがどんどん、社会を、変容し続けるからだ。

社会は、iTによって、どんどん効率化されていく。そして、iTによって、次から次へと、変容し続ける。

大衆と変容した社会

我々、一般大衆は、変容した社会での生存を強要される。

この社会は、資本主義の世界だ。あれが必要だ、これが便利だ、これがオシャレだと、購買を急き立て、お金を奪っていく。

この社会は、iT世界だ。あのゲームが楽しい、この動画がおもしろい、こんなことがバズっていると、時間を奪っていく。

変容の中での幸福

変容した社会で必要なのは、資本主義や、iTの世界から、距離を置くことである。

お金を使わずに、家にある残り物で、カップラーメンで、食事をする。
一日中は、難しいかもしれないが、スマホの電源を切ってみる。
※できれば資本主義の権化であるテレビも付けない。

それでも、意外と楽しいことに気付く。それをアウトプットしてみるといい。書いてみるといい。

現代は、情報過多の時代だ。インプットが多過ぎるのだ。

アウトプットすることで、自分の内面がわかる。自分の思考を可視化できる。そこに、自分の幸福が、形作られていることに気付くだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました