仕事をしないというストレス

仕事

仕事をしないというストレス

2021/9/14

「仕事をしていないから、ストレスなくていいね」とおもうのは、当然だろう。

私たちのストレスの大元は、ほとんど仕事に集約される。だからと言って、仕事を辞めることはできない。私たちはお金を稼がなきゃならないからだ。生きるためのお金を稼ぐために、仕事をする。自分の時間を引き換えにして、理不尽を受け入れながら、仕事をする。そして、その理不尽さからストレスが生まれ、その蓄積でストレスが溜まる。その繰り返しだ。大体そんな感じだろう。

だから、仕事をしていないと、ストレスがないとおもう。

モノゴトは、そんなに単純ではないのだ。

  • 「仕事をしていない」というストレスがあるのだ。
  • 仕事をしないでいることは、簡単じゃない。それだけで、ストレスなんだ。
どこにも帰属していない状態
お金が減っていく日々

仕事をしたくないわけじゃない。
むしろ、仕事をしたい。

このよくわからない状態の自分を何とかしたい。

でも、何をしたらいいか、わからない。

  • 目的にあった仕事が、わからない。
  • 上がるための仕事が、わからない。

目的に合致しないことは「とりあえず働く」というのは、難しい。

  • 上がるための道でありたい。
  • 「その先に上りがある」とおもえる仕事でなければならない。

迷子という言葉が、とても、しっくりくる。
迷子なんだよなー迷子

形が違うだけだ。
見えないだけだ。

仕事をするストレスと、仕事をしていないストレスがある。

生きることは簡単じゃない。
生きることは難しい。

生きるためのルールブックは存在しない。
生きるための正解はない。

誰もがオリジナル、誰もが自由だ。

経済的自由を手にして上がりたいけど、自由もまた、簡単じゃない、難しい。

お金って、便利だけど、お金に拘束される人生は、不便だ。

だから、やっぱり、経済的自由が欲しい。お金の向こう側に辿り着きたい。そこから見える景色は、どんな世界が広がっているんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました