大塩平八郎について

歴史

大塩平八郎について

2022/2/19

大塩平八郎

【本要約】大東亜論
民主主義とは、democracyの誤訳である。主義ならismがつく。 democracyは民主制と訳し、政治のシステムである。 システムは手段であって価値ではない。
頭山満が尊敬する西郷隆盛、西郷隆盛が尊敬する大塩平八郎とは、どんな人物か?

役人が行うべきことは、民が安心して暮らせるようにすることであり、それによって、民が幕府に従い、幕府が揺るぎないものになる、というの大塩平八郎が考えであった。

大塩平八郎の先祖は、江戸幕府が開かれる以前から、徳川家康に仕えていた。

陽明学を学び、32歳で、洗心洞という塾を開いた。

陽明学:知識と行動を一致させることを重んじる。
※孟子の性善説が源流
・陽明学は、心の学問
・朱子学は、知の学問

穢多 ( えた ) からも力を借りて、乱を成功させようとした。

※当時は、穢多や非人を差別することが、農民の苦しい暮らしのはけ口となっていた。

本質は本の中

本を読みたいけど、その時間がないから、本を要約して欲しい。本の中にある、本質を短時間で捉えたい。

  • 「 大塩平八郎が、何をしたか?」ということは、簡単に調べることができる。
  • 「 どういった考えで行動したのか?」も調べることができる。
ただ、
どういった思想を持っていて、
どういう風な思考で、
どういう風にモノゴトを捉えて、
どういう風に判断したか?
は、著作を読まないとわからない。

「 何を考えていたか?」ということは、簡単に調べることはできない。

あの人なら「 この状況で、どう考えて、どう判断するのか?」なんてことは、どこにも書いてない。自分で考えるしかない。

そのために、著作があって、自分で読まないと、わからない。

自分で理解しないと、自分の武器にならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました