所有という概念は、不自由の証である。

湯浅

所有という概念は、不自由の証である。

2021/8/12

高速道路のサービスエリアで、目の保養をしようと思って、バイクの駐輪場に行った。

バイクを見て、ハーレーを見て、「やっぱり、ハーレーってかっこいいなー」とおもう。

コレがベストである。
ハーレーは、目の保養である。
ハーレーは、所有するモノではない。
乗りにくいし、駐輪場は中々ないし、燃費も悪い。
ハーレーは、愛でるモノだ。

所有についての概念の変容である。

所有したモノは、使って、価値がなくなれば捨てて、価値が残っていれば、売る。

所有するということは、そのまま、荷物が増えるということである。

服やバックは、ひとつひとつは小さいが、量が増えると、大きな荷物になる。

車・バイクは、大きい。存在するだけで、駐車場が必要である、固定費がかるし、税金もかかる。乗ればガソリンが必要だ。便利な分、費用がかかる。そして、売ったり、処分したりする際にも、手間がかかる。すぐに、簡単には、できず、時間がかかる。

家は、大きいし、人生最大の買い物というくらいには、高い。大衆は多額のローンを背負って、家を買う。家も存在するだけで、税金がかかる。売ったり処分するのも、1番手間がかかる。

世界一周前に、身軽になるために、車・バイク、家具・家電、本当にいろんなモノを手放した。時間も手間もかかった。その時から、所有の概念が変化しはじめたのかもしれない。

私たちは、お金を出して何かを買って所有することに、喜びを感じる。物欲だ。

人によって物欲の強度は異なれど、多くの人々が持つ欲求である。

今、物欲がなくなってきた。
物欲を刺激する情報に触れないようにしていることも、関係あるんだろう。
そして、たくさんのモノを所有することは、自由度を下げる行為だなとおもう。

例えば、リュックひとつで旅行するのと、大きいスーツケースで旅行するとき、どちらが自由度が高いかは自明だ。

人生は、旅だ。

だから、モノが少ない方が、自由度が高く動き回ることができる。逆に、モノが多いと自由度が低くなってしまう。自由度が低いというのは、不自由であるということだ。

所有という概念は、不自由の証である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました