【映画】楽園

映画

2021/5/29

レンタルビデオ店で、何となく手に取った作品である。

興味を持ったので、詳細を調べずに、借りた。

途中で、確かに、違和感はあった。

物語の展開が、緩やかだし、なんだかフワッとしている。

その違和感で、見るのをやめることが、上手にできない。

違和感は大事なのだ。
自分の直感は、だいたい合ってる。

借りるのまでは、不確定性があっていい。
当たり外れがある方が、おもしろい。

ただ、外れた時に、その外れを受容して、見るのをやめることが大切なのだ。

  • それは、軽い自己否定である。
  • それは、これから、おもしろくなるかもという期待を捨てる。

違和感という直感だけで、自己否定と期待の放棄をする。

作品は、最後まで、フワッとしたまま終わった。

日本社会へのアンチテーゼなのは、わかる。社会的な問題を投げかけたいのも、わかる。言いたいことは、わかるし、それを観た人に感じて、考えて欲しいのも、わかる。

新しい発見ではなく、「そうだよねー日本」って、「そうだよねー」っていう、「俺の中の当たり前のことだから、何?」となっているのかもしれないが。

続けることは簡単だ。やめることは難しい。でも、続けていることをやめないと、新しいことはできない。上手にやめることが大事だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました