人はどんな生き物なのか?

人はどんな生き物なのか?

2020/12/17

これまで、本を中心に様々なことを学んできた。そして、いろんな学問は、最終的に、人に収束する。全てのものは、人が産み出した。そして、世界は人でできている。だから、人について知る必要がある。

人はどんな生き物なのか?

  • 人は社会性の生き物
  • 人は環境の生き物
  • 人は習慣の生き物

というのが、学びの結論である。

  • 人は、他人とのつながりを絶っては、生きていけないから、社会性が必要である。
  • 人は、環境によって、いかようにも、変容するから、自分に適した環境に身を置かなければならない。
  • 人は、習慣の生き物だから、習慣を変えてしまえば、生き方、人生も、かんたんに、変わる。人は、ほとんど習慣によって生活しているだけだからだ。

習慣を変えた。

野菜を多く摂るようにして、できるだけ魚を食べ、適度な運動をして、酒を飲む時間を物理的に減らして、酒量を制限した。結果、気が付けば、自然と減量していた。

環境を変えた。

住む場所を変えた。引越した。八王子は、夏休みにのんびりするところである。起業するところではない。引越して、はじめて区民になった。これから、新しい生活と、新しい経験と、新しい出会いがある。高円寺という環境がどう影響するか楽しみである。

後は、社会性である。

社会性を手に入れるということは、社会に参加するということであり、人とのつながりを得るということである。少しずつでいいから、自分のやれることでいいから、はじめてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました