価格と価値と税金

お金

価格と価値と税金

2020/8/31

価格と価値

投資の神様バフェットがいう投資における本質は、価格でなく、価値で判断せよ。

価格が、上がったからって、価値が、上がったわけではない。
価値が、上がってないのに、価格が、上がるということは、何かの価値が、下がったということ。

例えば、2020/9現在では、金の価格が、上がっているのではなく、ドルの価値が、下がっていると見る。

そもそも、金本位制の崩壊は、お金を金(gold)に換える交換券から、お金を、ただの紙にした。
だから、お金には、本来は価値がないということを再認識した上で、お金は、数字として捉える。

国が、好きなときに、好きなだけ、お金を刷ることができる時代では、お金の本来の役割が、見失われはじめている。
お金の本質である金本位制への原点回帰の思考が必要かもしれない。

価格と価値について、再考して、自分の資産の価格と資産の価値について、見直す必要があるかもしれない。

税金

お金持ちになりたいなら、お金持ちのルールで、ゲームしなければならない。
税金のルールは、お金持ちが作っていて、お金持ちは合法的に節税している。

節税のツケは誰かが払わなければならない。
ツケを払うのは、資本家(=お金持ち)ではなく、圧倒的大多数の労働者である。
労働者は、資本家(=お金持ち)から、搾取された上に、国(=税金)からも搾取されるのである。
資本家(=お金持ち)がルールを作っているのだから、当然である。

その中でも、特に、不動産投資は合法的な節税の手段の一つである。

【参考】
マクドナルド

お金持ちが、ますますお金持ちになるのは、税金をコントロールしているからである。
世界一のお金持ち人種のユダヤ人も、パートナーより、友人より、そして、詐欺師よりも、税金に気を付けろと言う。
お金持ちも、ユダヤ人も、バフェットも、すべての人に共通して、税金を合法的に最小化することに、重きを置いている。

【参考】
お金持ちがますますお金持ちになる理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました