お金持ちは働いていない。働いている人はお金持ちではない。

資本主義

「成功の実現」×「悪魔とのおしゃべり」からの思考

【本要約】成功の実現
現在、生きている自分の周囲を見ると、目に触れるすべての一切合財のモノは、すべて人間の心の中の思考から生み出されたモノである、それ以外のモノがあるはずがない。
【本要約】悪魔とのおしゃべり
自分の中にある「正しさ」を疑う。正義のヒーローはいつも怒っている。そして、悪のボスはいつも笑っている。人間が怒る理由は、相手に期待しているから怒るのだ。

2021/9/26

2000年前から科学はどれほど進歩したかわからないのに、人間は2000年前の人のことを信仰している。2000年前と今は全然違う世界のはずなのに、2000年前の人の言葉がありがたいと宗教に頼っている。

  • 人間が、科学の進歩ほど、進歩していないのか?
  • 科学の進歩は、人間の成果なのに、人間自体は、2000年前のままなのか?

釈迦やキリストやムハンマドは、この世の苦しみが生まれる原因は、「私たちの欲求にある」即ち、煩悩にある。煩悩を抱くから私たちは苦しむ。だから、「煩悩を捨てろ」と説いた。

天風先生は、人間は、欲求の塊だから、煩悩なんか捨てれるわけない。「煩悩を捨てたいという気持ちがそもそも欲求ではないか?」と説いた。

時代は変わる、人も変わる。
時代は変わる、正しさも変わる。
時代は変わる、すべてが変わる。

人間の体の細胞も3ヶ月で、すべて入れ替わっている。

昨日の間違いは、今日の正しさかもしれない。
今日の正しさは、明日の間違いかもしれない。
自分が信じていることを疑う。疑って怪しいモノは捨てる。捨てることでしか、新しいモノは入らない。

そして、自分が信じていることは、幻想であり、自分に見えている世界は、幻覚である。

そのことに気付がなければならない。

「幸福になりたい」と願いながらも「幸福だ」と感じられない。
「お金持ちになりたい」と願いながらも「お金がない」と感じる。
「人生を楽しく過ごしたい」と願いながらも、人生が楽しくない。
「恋人が欲しい」けど、恋人ができない。
「結婚したい」けど、結婚できない。

自分が信じていることことが正しくないから、願いが叶ってない現実がある。

お金持ちになりたいのに、なれていないのは、自分が間違えているからである。

自分を疑う。
自分の信じていることを疑う。
自分の見えている世界を疑う。

そこがスタートだ。

信じていることを捨てて、新しい考えを受け入れる。

すると、自分の見えている世界が、少しずつ変化していく。

必要だと思っていたモノは、必要ではなく、大事にしていなかったモノが、大事になる。

幸せでないと思っていたことが、幸せであり、楽しくないと思っていたことは、やっぱり楽しくなく、恋人が欲しいと思っていたら、大切な人は近くにいたりする。

信じることは簡単だ。何も考えなくてもいい。疑うことは難しい。何を疑えばいいかは無数にある。

お金持ちになりたいのになれないのはなぜか?
働いているからだ、労働しているからだ。
お金を稼ぐ術である、仕事を疑うのだ。
お金持ちは、労働していない。労働者を雇って、労働者を働かせているのだ。
不惑にして「資本論」 " 高校生からわかる「資本論」"
資本論を読むと、資本家から労働者が搾取される仕組みが、明確化されていく。損失回避性が、現在の労働意欲を軽減させる。自分で起業するしか道はないと考える。資本論を労働していた時に、読んだなら、明日、会社に行けないかもしれない。

自分が信じている根本を疑うことでしか、真実は見つからない。一生懸命、働いてもお金持ちには、なれない。

お金持ちは、働いてない。
お金を使って、お金を増やしているのだ。

お金をたくさん持っている人がお金持ちではない。
ましてや、お金をたくさん稼ぐ人がお金持ちでもない。

お金の無限増殖機能を使って、お金を増やし続けている資本家が、お金持ちなのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました