桜は儚い、儚いこそ人生

湯浅

桜は儚い、儚いこそ人生

2021/4/1

生きる証

人は生まれて、死ぬ。

生まれて死ぬまでの時間を、人生という。

その人生で、何か新しいことを成し遂げ、偉大な功績を残した人が、歴史に名を刻み、後世に名を残す。

でも、ほとんどの人は、生まれ、ただ生きて、何かを成し遂げることもなく死んでいく。

ただ、そんな人たちでも、後世に残すモノがある、子どもである。

僕らは、名前を残すことはできないけど、子どもを残すことはできる。

子どもとは、自分が、生きた証である。
自分が死んだ後も、この世界で生きていく、自分がこの世界に存在したからこその存在である。

三ツ池公園

一昨年は、アジアのどこかの街にいた
昨年は、八王子にいた
今年は、高円寺にいる

日本にいる限りは、あの公園に行く

桜が咲いている時に生まれた、娘

娘との思い出の公園に行って、桜を見る

娘を思い出しながら、桜を見る

「娘のために何かしたいのに何にもできないなー」とおもう

「娘のために何ができるのだろう」とかんがえる

養育できないという贖罪をもって、離婚した父親は、生きている

生まれた時は、裸だった
言葉も話せなかった
ただ、泣いていた
何もできなかった
少しずついろんなことができるようになった
ご飯を食べれるようになった
言葉を話せるようになった
歩けるようになった
歌をうたえるようになった
走れるようになった
終わり

その先の成長は、もう、見えない。
見えないだけで、その成長は、進んでいる。
この世界のどこかで、きっと、半径100km圏内のどこかで、生きている。

ただ、元気に生きていてほしい。

娘の誕生日

娘が8歳になりました

1年で1番嬉しい日です

でも、目から涙が溢れてきます

やっぱり、娘に会いたい

「今日が、人生の最後の日だとしたら、どう生きる?」という哲学の言葉がある。

いつも、おもう

娘に会いに行く

自分の人生で1番やりたいことは、娘に会うことだ。

でも、それが叶わないのは、それが、自分の人生の歩いてきた道である。

「娘の誕生日に、娘に会えない」ということが、贖罪の証である。

生きることの難しさよ

愛の切なさよ

家族の危うさよ

愛とは

俺が娘のために残した唯一のモノは、” 海音 ” という名前だけだった。

自分の人生の中で1番耳にする言葉が、自分の名前である。

今日は、” 海音 ” と書かれたケーキでお祝いされるはずだ、この世界のどこかで。そして、この世界のどこかで、幸せな顔をしている。

娘が幸せなら、自分が死んでも構わないくらいには、娘が愛おしい。

『愛』ってそういうことなのかもしれない。

娘の誕生日である今日は、俺にとっての『愛』の誕生日でもある。

『愛』とは、自分の命がなくなるという恐怖よりも、誰かの幸福を願うこと。

手で掴めるモノ

公園で遊ぶ子どもを見て、楽しかった思い出が、見える。目には見えないけど、頭に見える。

今日で、娘は8歳である。

でも、俺の頭の中では、俺が知る娘は、2歳までの娘である。だから、2歳のまま、記憶の中で、遊んでいる。

人生で1番楽しかった滑り台は、娘と一緒に滑った滑り台である。娘にせがまれて、何度も何度も、無限ループした滑り台である。

今はもう滑り台を1人で滑れるだろうか?
もう、滑り台で遊ぶ歳ではないのか?

わからない。

あの時、繋いだ手を離さなかったら、

人生、もし、たら、という言葉は、存在しない。

俺は、自分の意思で、手を離したのだ。俺は、元妻との手を離した。そうしたら、必然的に娘との手を離すことになったまでだ。

娘との手が離れてしまった。
ガムシャラに働いて、金を掴んだ。
仕事を辞めて、時間を掴んだ。
時間を使って、世界一周という夢を掴んだ。
いろんなモノを手放して、いろんなモノを掴んだ。

何かを手放さなきゃ、何かを手に入れられない。

人の手は、2本しかない。

それは、大事なモノは、2つしか掴めないということである。

たくさん掴もうとしてはいけない。

1つずつ掴んで、1つずつ手離していく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました