自分を可視化する

湯浅

自分を可視化する

2021/5/19

『革命』MOROHA

この曲を知り、この曲を聴くようになった。

なぜ、この曲が刺さったのか?

それは、売れないミュージシャンの心の叫びが刺さったからだ。売れないことにもがき苦しんでいる様が、自分と重なったからだ。

ブログ

「文章が書くのが得意だ」と気付いた。

「ブログでお金を稼ぎたい」と思って、ブログをはじめた。

ブログでお金を稼ぐためには、商品を売らなければならない。でも、商品を売る文章は書けなかった。

  • 自分の言葉を、売りたくなかった。
  • 自分の言葉は、自分だけのものだ、値付けされたくない。
  • 自分の言葉は、商品を売るためものではない。
  • 自分の言葉は、自分を表現するものだ。

エンジニア

自分のことをエンジニアだとおもっていた。

システムを作ったり、データ分析したりするエンジニアだとおもってた。

それは、お金を稼ぐための職業でしかなかった。

そこから、お金を取り払ったら、何になる?

クリエイター

  • 料理を作るのが好きだ。
  • 文章を書くのが好きだ。
  • 何かを自分の手で生み出すことが好きだ。

それに名前を付ける。
『クリエイター』だ。

何かをクリエイトすることが好きな人は、クリエイターだ。

湯浅は、クリエイターだった。

売れないクリエイターだったのだ。

甲本ヒロトは言った。
「売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ。」

売れないミュージシャン、売れない俳優、売れない職業は、無価値か?

お金の意味では、無価値だ。

お金が中心の世界では、売れないことは、意味をなさない。お金が中心の世界だから、「売れないと意味がない」とおもってしまう。

クリエイターは

  • 売れるモノを作るのか?
  • 自分の作りたいモノを作るのか?

その狭間でいつも悩まされる。

湯浅というクリエイターは、自分の作りたいモノを作る。

「どのメディアでクリエイトすれば、社会に受け入れられるのか?」を探すしかない。

社会と職業

自分が、「売れないクリエイター」という認識までは、腹落ちできる。

売れないクリエイターを職業というのは、腹落ちしない。お金を稼げないと、職業とは言えないし、職業と言いたくない。

それは、社会が、職業と認めていないからだ。結局は、人は社会性の生き物であるから、社会と折り合いを付けて生きていかなければならない。

昔は、YouTubeは遊びだと思われていた、職業ではなかった。でも、YouTubeが稼げるとわかるとYouTuberという名前が付けられ、職業となった。お金を稼げると、社会は評価し、職業を与えてくれる。

湯浅は、無職のクリエイターだ。この言葉が自分に1番しっくりくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました