【本感想】人生の短さについて

【本感想】人生の短さについて

2021/4/4

知識を得ることが、100%いいことではない。

確かに、これまでの人生、「時間の価値を軽視して生きてきた」ことは、否めない。だけど、これほどまでに、強烈に、時間の概念を、可視化されると、生き辛くなってしまう。

他人の時間を奪うことに、慎重にならざるを得ない。それは、気軽に呑みに誘い辛いということになる。

それは、他人の貴重な時間を奪うことになるのだから。

その線引きは、非常に、難しい。

自分が相手に、価値のある時間を提供できるならば、相手が自分に会うことのメリットはある。

人と会うのに、メリットを考え出したら、身動きが取れない。

湯浅は、いい意味で自己中なので、まだいい。「『俺が会いたい』から会おう。」「『俺が楽しい』から会おう。」と、言える。『俺が楽しいなら、相手も楽しい筈だ。』と信じられる。

でも、共感力が高い人が、” 人生の短さについて ” を読んだら、人と会うことに、気を使い過ぎることになるかもしれない。

知識とは、行動の源泉にもなりうるし、行動の妨げにもなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました