ご褒美は有価証券。欲しいモノは有価証券。

湯浅

ご褒美は有価証券。欲しいモノは有価証券。

2021/3/19

簿記の試験

簿記の試験に合格したら、自分にご褒美をあげようと考える。

今、自分が、何が欲しいかを考える。

今、お金を使って、1番楽しいのは、お金で有価証券を買うことである。お金の自己増殖機能を活かすための投資である。

1番楽しい。

それは、ただの数字でしかないのだが、証券口座の数字でしかない。それが増えたり減ったりするだけである。

それでも、その数字は、将来への漠然とした不安を和らげる。

今、株がバブってるから、債券が下がってるから、債券を買おう。

張り切って簿記の試験を受ける。

簿記の試験結果

自分を否定し続けて、傷付いて、それでも、また、否定し続けるということ。

失敗を、受け入れるということは、ダメな自分を受け入れること。今の自分を否定すること。

メンタルにくる。

でも、それが、成長である。

メンタルにくるから、ポジティブ精神が必要である。

ポジティブとは、失敗を失敗と捉えずに、失敗を成功までの必然と捉えることである。

失敗したら、酒呑んで気持ち発散して、そこから、また積み上げていけばいい。

プラットフォームの受け手は文句言えない。

プラットフォームとは、国である。そこの統治者は、王だ。その国で、文句が言いたいなら、王になるしかない。王になれないのなら、プラットフォームを、作るしかない。

何が言いたいのか?

簿記の試験に落ちて凹んでいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました