「お金を使う」というストレス解消方法

悩み

「お金を使う」というストレス解消方法

2021/11/22

ストレス

私たちは、ストレス社会の中で暮らしている。人間社会は、誰かしらと関わっていかなければならない。そこで、自分とは異なる他人と接することで、ストレスを受ける。

ストレス社会で生きる私たちは、ストレスを解消しなければならない。

  • 大量に体内に取り込むこと、食事、デザート、タバコ、酒を過剰に摂取する。
    行き過ぎると、過食症、砂糖依存症、タバコ依存症、アルコール依存症
  • パチンコやゲームなどの、人間の認知機能の限界を超えた過度な演出映像に、魅了される。
    パチンコ依存症、ゲーム依存症 = 行動嗜癖
  • 違法薬物、ガンジャ、LSD、シャブなどの非日常にトリップする。
    薬物依存症 = 物質依存
  • 誰かに承認されること、自分という人間を裸で受け入れてくれること、生まれたままの自分を受け止めてくれることで、自分の価値を見出す。
    セックス依存症
  • 買い物をする、必要以上の過度なショッピングが止められない。
    買い物依存症

買い物

買い物とは?

お札という、交換しない限りはただの紙切れを、自分の役立つモノ、服でも、自転車でも、車でも、家電でも、食べ物でも、何かに換える。そうして、そこに価値が生まれる。オシャレになったり、便利になったり、食べれたりする。

  • 欲しいモノは何もない。
  • 欲しい物質は何もない。

生きていくのに必要な最低限の住まいと、最低限の服と、美味しい食事さえあればいい。だから、お金を使うのは、食べるモノくらいなのだ。食材は必要な消費で、お菓子は不必要な浪費だ。必要なことだけして、仕事だけして生きていけない、娯楽が必要なように。

必要な食材だけを消費するだけじゃ、物足りない、なんか浪費したい。お金を浪費したくなるときがある。買い物依存症ほどの効力はないストレス発散である。お菓子を買う、たくさん買う、1000円以上買う。多分、コレが、小さなストレス発散方法で、お金を使って、お金を浪費して、スッキリする方法だ。

お菓子は本当はいらない。でも、お菓子を買うことでストレス発散して、お菓子を食べることでストレスを発散する。

「何でこんなにお菓子をたくさん買ってしまうんだろう」と思考した先の答え

コメント

タイトルとURLをコピーしました