【タルムード】『ユダヤ人大富豪の教え』要約

お金

【タルムード】『ユダヤ人大富豪の教え』要約

2020/10/30

前段

起業家として成功するためには、3つの要素が必要である。

  • 計画
  • 実行
  • 継続

そして、困難にぶつかった時に、クリエイティブなアイデアを出せるかである。

自分がなぜ成功したいかを考える。湯浅が成功したいのは?

  • 金持ちになりたい、経済的自由を手にしたい。
  • いつでも、どこにでも、世界中に行きたい。
  • 人に雇用される人生は嫌だ、自分のことは自分で決めたい。

しかし、幸せな成功は、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れることが大切である。

社会の成り立ち

自分が提供するサービスの質と量で、自分が受け取る報酬額が決まる、それは、人から喜ばれた感動である。

自由人は、経済的、社会的、精神的に、独立して、誰からの指図や援助も受けず、時間的な自由がある。その人が考える通りに人生を生きてる。

自由人とは、ビジネスオーナーとは、みんなが楽しく幸せに働け仕組みを作ることである。

自分を知り好きなことをやる

幸せに成功するためには、自分が好きなことを仕事にする。全身全霊で、できることが、自分の大好きなことである。

ただ、好きなことと、得意なことは違うから、混同してはいけない。得意なことではない。

好きなことをしていると、必ず、道は開ける。時間差はあるかもしれないが、お金もやってくる。

モノや人を見る目を養い、直感力を高める

成功するには、社会の流れや、お金の流れを予測する力が必要である。また、人生のサイクルから、ツキの流れを見極めることが重要である。

いい人と悪い人を見極めれる人になるための三箇条

  • いろんな人と付き合う
  • 会ったら、5分でその人がどんな人かを見極める
  • 目の奥に真実があるかどうかを見る

人を見るときに、動物的勘のような直感力を鍛える。

ビジネスプランを見るときは、そのビジネスの本質が何かを見抜けるようにする。

思考と感情の力を知る

日常的な思考が、人生を作り、どこに意識を集中させるかで未来が決まり、日常的な感情が、人生をコントロールする。

ビジネスで成功したけば、コミュニケーション能力を高める。
コミュニケーションは2種類ある。

  • 自分の内面とのコミュニケーション
  • 自分の外側とのコミュニケーション

自分が何を感じ、何を考えているかに、意識を集中させる。自分の望む現実に意識をフォーカスする。人生でいいことが起こると思っている人間には、いいことが続けて起きる。逆にネガティブなことにフォーカスすると、そちらに吸い寄せられる。自分の思考が何にフォーカスしているかを常に意識する。

自分の中の幸せの基準を持つ。自分の人生には幸せになることしか起こらないと考える。一時的には、不幸に感じるかもしれないが、将来振り返ってみると、より幸せになるためのキッカケである。

セールス

セールスの極意五箇条

  • 絶対売ると決める
  • 信頼される人柄になる
  • イメージを描けるように話し、感情に訴える
  • 商品やサービスに完璧な知識を持つ
  • クロージングのテクニックを持つ

スピーチ

成功者は、スピーチの才能に磨きをかける。自分の考えていることが伝わらなければ、成功はおぼつかない。自分の感情を目の前にいる人と分かち合うことが、最高のスピーチである。
人は自分が日常で考えている以上のことは話せない。

真実のみを話す、話す言葉に注意する。普段、話している内容が、未来を作る。
言葉には、それ自体が力を持っているという言霊という考えがある。

人脈

いい情報は、人を経由してやってくるので、人から信頼を得ることが、成功への近道である。

ビジネスをするときには、相手の立場に立つ。
自分のメリットと、相手のメリットと、第3者のメリットの中心に立って行動を決める。

偉い人には、偉くないように接して、偉くない人には、偉いように接することで、相手から好意が持たれる。

自分より優れた人と付き合うことで、その人たちに、近づける。

友情は、人生で1番大切なものの一つだ。

お金の法則

お金を稼ぐには、知性、勇気、行動力、細心、人間的魅力、運など、様々なものが必要であるが、お金を使うのには、何も必要ない。そして、世の中には、お金を使わせる仕組みや罠がたくさんある。

自分のビジネスを持つ

収入を増やすためには、自分のビジネスを持って、自分なりのやり方で人を喜ばせる。

ビジネスとは、人がお金を払ってもいいと思える価値あるサービスやものを提供すること

ビジネスで成功するための手順

  1. そのビジネスで成功に必要なことはすべて学ぶ
  2. 小さくスタート、短期間で大きくしない
  3. 儲かるシステムを作り、マニュアル化する
  4. 自分がいなくてもまわるシステムを作る

欲望を叶える

イメージと潜在意識の力を使って目標を設定する

  1. 目標を明確にする
  2. 目標は、細分化し具体的行動ステップを考える
  3. 目標達成ののご褒美と、失敗した時の罰を考える
  4. 目標が達成したところをイメージして楽しむ
  5. 行動する

人に助けてもらう

成功は、多くの人に支えられて、初めて実現できる。だから、周りの人達に感謝する。

ビジネスをやる上でも、投資をやる上でも、法律と税務に長けてなければ、金持ちになることは難しい。法律はパワーである。優秀な弁護士と会計士と税理士を雇って使いこなす。

マスターマインドとは、複数の心が同じ目的に向かってまとまった状態である。夫婦2人で心を合わせると、奇跡を生む。

セルフイメージ

セルフイメージは、「自分が誰である」と思っていること。『自分が、お金持ちである』と思う。セルフイメージが高いほど、幸せ、成功、富を引き寄せることができる。

豊かさは、その人の地位に来るのではなく、その人の生き方に引きつけられる。

決断力

多くの人は、失敗が怖いから、決断を先延ばしするが、人生はいいことも悪いことも必ず起きるから、どんなことでも、積極的に即決断する。

決断のためには、人生の価値観、優先順位をはっきりさせておく。
決断できないときは、納得できるまで待つ。
決断に、失敗はないことを知る。

成功

成功者は、成功より多くの失敗をしている。

失敗とは、諦めてしまった時のみ起こる現実である。成功していない現実を受け入れた時に、はじめては失敗は生まれる。だから、うまくいかない方法を探しているだけぐらいに考える。

幸せに成功するには、夢を見ることが必要である。夢には、人を行動に駆り立てる力がある。

自分の人生を享受する

光が当たると必ず影が出るのは、自然の摂理である。人生で起こることはすべて中立であって、良いことも悪いこともない。だから、自分の人生を肯定的に受け入れる。

自分を見失うこと

「自分のやっていることが拡大して、周りが君に注目するようになると、様々なことが起こる。自分が自分だと思っている人間と、周りがこういう人だと思う人間がずれてくるのだ。自分自身がしっかりしていたら、何も恐れることはない。けれど、周囲から吹く風の強さに自分を失ってしまうことがあるというのを知っておきなさい」

愛する家族やパートナー、友人を失うこと

「成功を目指す人間の多くは、ビジネスに意識を集中しがちだ。結果的に、ビジネスの成功や経済的な豊かさは手に入れても、大切なものを失ってしまう。経済的に成功した人間の多くが個人的にはボロボロの生活を送るのもそのためなのだ」

上昇気流の途中に潜むエアポケット

「成功していくと、ある時点で、上昇気流の途中のエアポケットに入ってしまうことがある。これは、次のレベルにいくための、言ってみれば通過儀礼のようなものだ。真のリーダーになるための大きな一歩だと言える」

自分、家族、身近な人にふりかかる病気や事故

「急成長する会社に関係する人には、不運や事故が普通の会社よりも多くあるものだ。成長のひずみがそんなところに出るのだね。トップが突っ走っていると、必ずその反作用が起こるものなのだよ」

他人への不信、競争、、将来への不安

「成功すればするほど不安がる。だから、仕事にのめり込み、仕事中毒になってしまうのだよ。それを乗り越えるには、自分の内面にいる失敗者と折り合いをつけなくてはならない。自分が失敗しても、それを受け入れ、愛することができれば、それを恐れることがなくなる」

成功への恐れ、偉大な自分を受け入れる抵抗

「ある心理学者によると、人生で最大の障害物は、死の恐怖よりも、成功することへの恐れだと言う。私は、自分の体験から言って、それは正しいと思っている。真に成功するということは、あらゆる変化を受け入れるということだ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました