スーパーの結論

スーパーの結論

2020/11/8

スーパーに入って、お惣菜のコーナーに行って気付く、自分が腹減っていることに。

それは、あれもこれも美味しそうに見えるということである。あれもこれも食べたいということである。

そして、こんなバカでかいお惣菜コーナーを見ながら思う、日本って最高だよなと。

世界一周で見た景色、世界一周で行ったスーパーで見た景色、それは、日本は、ご飯の種類がたくさんあって、安くて、美味しいご飯がたくさんあるってことで、いや、もう、最強でしかなくて、日本の食事は、世界一なんだっていうことなんだ。

世界は広い。いろんな価値観がある。でも、スーパーは、嘘をつかない。現地人が、通うスーパーは、嘘をつかない。人々の生活のリアルがあるからだ。

スーパーは、国の縮図であり、街の縮図であり、人の縮図である。

スーパーの結論は、縮図

コメント

タイトルとURLをコピーしました