『 吐いたツバ飲み込むことになるよ 』

社会

『 吐いたツバ飲み込むことになるよ 』

2022/3/13

ファミレスで「 みんな静かに食べてるでしょ 」って注意する親がいる。

子どもは、社会性がないから、うるさいものだ。
私もうるさかった、だから「 しょうがない 」と私は思う。

社会性がある大人は「 子どもがうるさい、子どもを静かにさせろ 」と思うかもしれない。
思うだけではなく、子どもを注意する人もいるかもしれない。

『 吐いたツバ飲み込むことになるよ 』
と、私は、思うんだ。

子どもにイラつく大人に思う。
あなたも、最初から静かだったらわけじゃない、成長する中で、身に付けたのだ、その社会性を。

赤ちゃんに漏らすな、ウンコはトイレでしろ、それが常識だ、というようなものだ。成長過程なのだから、仕方ないのだ。そのうちできるようになるのだ。そして、やがて、あなたも歳を取り、寝たきりになって、ウンコをトイレできなくなる時が来て、オムツをするときがくるかもしれない。その時に、ウンコはトイレでしろ、それが常識だと、全く同じ言葉を投げかけられるのだ。大人なのに、なんで、トイレでうんこできないんだと、怒られるのだ。

人は生を受けてやがて死ぬ定めなのだ。
山登りだと同じなのだ。
生を受けて山を登ったら、必ず山を降りて死に向かうのだ。

だから、

  • トイレでウンコできなかった私たちは、やがて、トイレでウンコができなくなるのだ。
  • 言葉を話せなかっだ私たちは、ボケて言葉がわからなくなるのだ。
  • 身体の使い方がわからず、一人でご飯を食べられなかった私たちは、身体の自由が効かなくなって、一人でご飯を食べられなくなるのだ。
できなかったことが、やがて、できるようになって、そして、また、できなくなるのだ。
できるようになったからって、できないことを責めたら、できなくなった時に、責められるよ。
『 吐いたツバ飲み込むことになるよ 』
と、私が言ったじゃない。

私たちは、自分の視点でモノゴトを見てしまう。

うるさい子どもを見て、人生を俯瞰して「 人生は山だからなー、やがて自分も同じように立場になるかもしれないからなー 」とか思えない。

この文章を読んだ人は、私の視点を手に入れた。子どもにイラつくことはなくならないまでも、今までよりも心穏やかかもしれない。それが、知識で、知性で、教養なのだ。家柄がいい人、大人な人、裕福な人とかは、怒らないのだ。自分の中に自分以外の様々な視点を持っているから、教養があるからだ。

大人が、みんな「 子どもなんて、うるさくてもいいよ 」って思える社会は、なんだか、みんな、ホッコリして、素敵だと思うんだ。

そんな時代もあったはずなのに、大人はいつもイライラしていて、忙しくて、なんか変な社会になったなー

ファミレスで、子どもに注意する親がいなれば、平和な社会だなー
みんなニコニコ、子どもは、元気が何よりって。

【本要約・本感想】モモ
人生で大事なことは一つである。何かに成功すること。他の人より成功し、偉くなり、お金持ちになった人間には友情や、愛や、名誉は自発的に集まってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました