【本要約】ナポレオンヒル思考は現実化する 〜 ピンチはチャンス

思考は現実化する

2021/6/27

【本要約】ナポレオンヒル思考は現実化する 〜 概要
具体的な目的を定める。目的を達成するまでは、諦めないと決意する。目的を達成するという強い信念が、確固たる行動に転化した時、成功に向かって作用が始まる。そして、目的は実現する。

プラスアルファの努力

相手に喜んでもらえそうなことを人知れず見返りを期待しないで行う。

1センチ余分に進む。今、与えられている報酬以上のサービスをする。自分がやらなければならないことにプラスアルファを付けるようにする。

プラスアルファの努力が成功への代償である。

プラスアルファの努力を実践し、報酬以上によい仕事をすることによって、奉仕する精神を養うことができる。それが、優れた技術と ” 脳力 “ を発達させ、仕事に熟達し、高い評価を得ることになり、高い報酬へとつながる。

仕事をして得られる金銭ではない報酬が、人に幸福感と満足感を与えてくれる。

見解
プラスアルファの仕事をしようという意欲自体が、モチベーション3.0のやる気につながる。それが、熟達・満足につながる。

積極的な心構え

実際に大金が入ってくるときは、洪水が押し寄せるかのようである。それは、目に見えない巨大なエネルギーの流れである。この流れは2つある。一方の流れは、ドンドン大金が入ってくる。しかし、反対側の流れは、ドンドン貧乏になっていく。

貧富の分かれ目は、考え方の違いである。積極的な心構え ( PMA Positive Mental Attitude ) を持つ人は幸運の流れに乗り、消極的な心構え ( NMA Negative Mental Attitude ) しか持たない人は、貧困の流れに乗ってしまう。

深い思索と、具体的かつ明確な計画があるとき、富む。

一方で、富は、恥ずかしがり屋で、小心で、臆病だから、十分な保護が必要である。

ピンチはチャンス

失敗や逆境の中には、全てそれ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている。

この言葉には、人の心の平安を保つので、自分の潜在意識にしっかり埋め込む。

人は、人生の中の大いなるプランを、全て見通すことは、できない。人生には様々な境遇の巡り合わせが絶え間なく起こっている。

時間は、過去の苦しみや失敗を消し、代わりに幸福や成功を得るチャンスを与えてくれる。未来から見た時に、現在の苦しみや失敗は、実は、チャンスだったということだ。苦しみや失敗や挫折が起こるたび、それは未来において、豊かで素晴らしい経験へと変化すると考える。

マイナスの感情を、プラスに変換できる人だけが、ピンチをチャンスに変えられる。

ピンチの時も、プラスアルファの努力積極的な心構えがあれば、必ず成功できる。

失敗の条件

  • 自分の信念をポケットに入れて、他人の意見に惑わされる。
  • 無知な他人(ドリームキラー)によって、自信を喪失させられる。

失敗への忍耐力

  • 大多数は1回の挫折で、敗北が身に染み付く。
  • 次に大きな割合を占めたのは、結果がわからないうちから、すぐに諦めて投げ出す。

失敗の考え方

  • 「うまくいかないのはなぜなのか」を発見できたと考える。
  • 目的達成の揺るぎない気持ちへの試練と考える。
  • 問題解決から、更なる利益を生み出せると考える。

失敗との関わり方

  • 大多数は、過去の失敗と共に生き続けている。
    生き方が過去形である。
  • 成功者は、未来形で話しをする。
    過去ではなく、未来に意識が向いている。それは、大きな目的や願望である。
    常に、前向きな話しをしている。失敗を後ろに置いてくれば、失敗はついてこない。
    常に、「他人から学びとろう」とする心構えしかない。

「思考は現実化する」という成功ノウハウさえあれば、自分が設定したどんな目的や願望も必ず達成できる。

見解
社会への還元が、まわりまわって、自分に返ってくる。
・積極的な心構え
・何でもポジティブに考える
・ネガティブなことも全てポジティブに転化する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました