無職を思考する

仕事

無職を思考する

2021/5/7

認知的不協和
自分の持つ2つの情報の間に不一致が生じること。そのとき、不一致を低減する行動が起こる。

会社に就職すること

お金のために、どこかの会社に就職して、労働者になること。

資本家になりたいのに。

認知的不協和が起きて、働かないという選択をする。

社会と関わること

社会とは、社会性とは、マスクである。

「サージカルマスクでないと意味がない」のは、医療従事者が認識している正しい知識である。

俺の正義は、サージカルマスクでないなら、マスクしても意味がない。

しかし、正しい知識にアクセスできない多くの人の正義は、「マスクをしていればいい」である。盲目的にメディアの情報を信仰して、正しい知識にアクセスできない人の集団が社会である。

社会と関わることは、その集団と関わるということである。

認知的不協和が起きて、社会と関わらないという選択をする。

社会と関わらないと働けないから、働かないという選択をする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました