やりたいことは魂の授業

湯浅

やりたいことは魂の授業

2021/5/10

本当にやりたいこと

お金
お金は増やすことができる。
お金は貯めておくこともできる。
時間
時間は増やすことができない。
時間は貯めておくこともできない。
 
100%減っていってる。
毎日、必ず減る。
1日減る。

「今日やることは、本当に自分がやりたいことか」を自分に問う。考える。

極論を、言えば、「明日死ぬとしても、今日、それをやるか」ということだ。

それが、本当に自分がやりたいことだ。

明日死ぬとして、今日やりたいことは、考えるのが難しい。

「明日死んだら、今日に後悔がないか」と問う。やりたいことが、難しいなら、後悔がないかと問う。

「100%後悔はない」というのも、また、難しいだろう。

まぁ、悪くない今日だった。

このくらいが落とし所であろう。

「まぁ、悪くない今日だった」とおもうために、やりたいことをやる。

やりたいことの見つけ方1〜好きなこと
旅とは、新しい文化や価値観に触れて、「自分が何について知識がないのか」に気付くことである。「自分の無知」に出会うことである。自分は、何がわからないのか、わからない。わからないことを認識するのは、難しい。わからないことは、興味がないことも多い。

プログラミング

最近、やりたいことが、明確になって、それをやっているから、充実しているのかもしれない。

それが、お金を生まないから、仕事とは言えなくても。それが数字に現れなくても。数字に現れないのは、届け方が間違っているから。正しく届けたら、正しく届く。

別に、プログラミングを全ての人が、絶対、勉強した方がいいとまでは言わない。

でも、プログラミングで、世界一周の夢を掴んだし、こうやって、やりたいことを追求できているのも、プログラミングというのは、事実だ。

義務教育に必修化されたのも事実だ。

それは、もはや、プログラミングは、一般教養として地位を獲得したに他ならない。

必要なのは、プログラミング言語でなく、プログラミング的思考である。

魂の授業

将来のために、プログラミングを教えたい人がいる。でも、直接、教えることはできない。自分にできることは、これぐらいしかないのだ。

父親が娘に届けたい、魂の授業である。それを作ることが、今日やりたいこと。明日死んでも後悔しないこと。明日死んでも今日やりたいこと。

いつか、時が来て、世間のニーズとマッチして、「娘に、届いたら、いいな」と思って、死ねる。死ぬから結果は、わからない。だけど、未来への希望を信じて、死ねる。

今日も娘に届けたい、魂の授業を作る。それが明日死んでもやりたいことだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました