「遊び」という価値の本質

社会

「遊び」という価値の本質

2021/8/29

  • 仕事とは、自分の時間を使って、
    誰かが楽しいと思うこと、誰かの役に立つこと、誰かの経済的利益になることをすること。
  • 遊びとは、自分の時間を使って、
    自分が楽しいと思うことをすること。

人によって趣味が違うように、人によって遊びも違う。ゲームは好きな人が多い遊びだ。でも、全員が好きな遊びではない。湯浅はゲームが好きじゃない。ゲームをすることはない。ギャンブルもしない。スポーツも観ない。「楽しい」と思わないから、遊びじゃない。

本を読んだり、本をまとめたり、こうして文章を書いたりすることは、楽しい。だから、遊びだ。

動画を観ることは楽しい。動画は「自分が体験したことがあること」「自分が体験したいこと」を疑似体験する。だから、テレビは、おもしろいのだ。家に居ながら、気軽にいろんなことを擬似体験できるからだ。

キャンプに行かなくても、キャンプの気分を味わえる。野球場に行かなくても、野球観戦の気分を味わえる。野球しなくても、野球した気分を味わえる。

そして、その擬似体験の場は、インターネットやスマホの普及によって、YouTubeやTikTokといった動画へと拡張した。

自分の興味がある様々な体験を、簡単に擬似体験することができる時代が到来した。
私たちは、家に居ながら、何もしなくても、楽しい遊びを擬似体験できる。

世界的流行風邪の影響もあって、遊びの形が、よりデジタル化していっている。実際の体験ではなく、動画の中での擬似体験へと進んでいる。

大変で時間もお金もかかる実際の体験よりも、簡単に時間もお金もかける必要のない擬似体験の価値が増してくる。

その先の未来が想像できる。

擬似体験の極みは、仮想現実の世界だ。

マトリックスのような世界である。
それは、仮想空間の中での擬似体験が、現実の世界を超えてしまう未来だ。

家の中で動画を見る擬似体験より、家の外で自分で実際に体験することだ。遊びの本当の価値は、体験にこそあるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました