悩みの解消方法 〜 悩みは ” 行動 ” に落とし込むとなくなる

悩み

悩みの解消方法

2021/6/30

悩み解消

  1. 悩みは、思考のままにしておくから、悩みのままである。
  2. 悩みを、行動に変えてしまえば、それは、もう悩みではなくなる。
  3. 悩みが、行動に変わった瞬間に、解決できない問題から、解決できる問題に昇華する。

悩みを解決するステップが可視化された。

  1. 悩みを行動に変化させること
  2. 行動を起こすこと

言うは易し、行うは難しである。

お金の悩み

誰もが悩む問題は、お金である。

  1. お金の悩みは尽きない。
  2. お金の悩みを行動に変化させると、仕事になる。
  3. 仕事をするとお金を稼ぐことはできる。
  4. しかし、お金の悩みは解消されない。

あれっ?おかしいな?
いきなり、つまずいたぞ!

「悩みを行動に変化させる」という仮説がおかしいのか?
「お金」という問題がおかしいのか?

仮説が正しいとする。

仕事という行動ではお金の悩みは解消されないのだ。なぜか?

仕事は、一過性のモノで、自分が仕事を辞めたら、そこでお金の供給が停止するからだ。お金の供給が止まらない限りは、お金の悩みは解消されないのだから、仕事ではない。では何か?

お金の特徴
お金は、自己増殖機能を持っている。お金は自分で自分を増やすことができるのだ。銀行の利子なんかがわかりやすい。しかし、今は銀行は、低金利だから、お金の自己増殖機能は、その能力を発揮できない。金融投資によって、自己増殖機能を最大化できる。

金融投資によって、お金を自己増殖させることができれば、お金の悩みは解消できる。

しかし、問題がある。お金の自己増殖機能は、金融投資でも、年率3〜7%と、パワーが弱い。お金の悩みを解消するには、たくさんのお金が必要なのだ。

そして、結局は、仕事をして、お金を稼いで、たくさんのお金を作る必要がある。

難しいかもしれないが、答えがない中を彷徨うよりは、遠くでも答えがある方が、穏やかだ。進む方向がわかるからだ。

お金がおかしいとする

お金は、何がおかしいのか?

お金は、生き物ではないのに、自己増殖機能を持つからおかしい。

人間や、生物は、交配によって、自己の遺伝子のコピーして、増殖してきた。生き物は動くことができるので、増えることに違和感はない。

お金は、物質なのに、自然に増えていく。

家にある歯ブラシが、ある日突然、2本になっていたら、気持ち悪い。お金の自己増殖機能は、そういうことだ。

家にある物質が、テーブルが、ベッドが、洗濯機が、いきなり2つに増えてたら、異常事態である。お金も物質だ、自然に増えるっておかしい。

お金の本質は概念であるが、問題の単純化のため、今回は物質とした。

健康の悩み

問題を健康に置き換える。

健康という悩みである。

健康になりたい人は多いから、巷に情報は溢れている。食べ物・運動・生活習慣など、すぐかんたんに行動に変化できる。

情報の中で、自分が、気になるモノを試して、良くなければ変えて、良ければ続けてと、改善を繰り返していけばいい。

愛の悩み

問題を愛に置き換える。

愛という悩みである。

愛の可視化

みんな、愛が欲しい。でも、愛とは何か?

SNSの爆発的普及で証明されているように、人は、承認欲求の生き物である。イイネが欲しいのだ。フォロワーが欲しいのだ。
超富裕層は、一生かかっても使いきれないお金を寄付することで、お金を名声に変えている。お金の向こう側も、また、承認欲求なのだ。承認欲求は、社会的な生き物である人間の本能なのだ。
  • 愛とは、承認欲求だ。
  • 愛とは、他者から受け入れられることだ。
  • 愛とは、他者から自分を認めてもらえることだ。
  • 愛は、自己承認欲求を満たしてくれる。
  • 愛は、ここに居るだけでいいという、存在価値を他者が認めてくれている。

愛が可視化された。

愛という行動

「愛が欲しい」という悩みを、行動に変化させる。

それは、誰かと会うことである。

  • 知らない人かもしれない
  • 知っている人かもしれない

誰かと会わないでは、愛は生まれない。

そんなことは、みんなわかっている。

行動に起こすことが、難しい。
誰かと会うことは、エネルギーがいる。

  1. 会う約束する
  2. 実際に会う。

湯浅は、人と会う約束をするのに、エネルギーを必要としてこなかった。だから、最近、気付いたのだが、誰かと会う約束することは、エネルギーがいるようだ。

そして、実際に会う時にも、エネルギーが必要だ。

湯浅的思考でいくと、誰かと会う時に、みんな気を使い過ぎるから、会うのにエネルギーがいるんだろう。

  • 会って、気があって、楽しい人もいる。
  • 会って、なんか違って、楽しくない人もいる。

ただ、それだけだ。そんなに気を使わなくても、ノリが合う人とは合う、合わない人とは合わない。

気やノリが合うか合わないか。

友達を考えるとわかりやすいかもしれない。ノリが合う友達もいれば、ノリが合わない友達もいる。ノリが合う友達とだけ一緒に居るはずだ。

だから、「愛が欲しい」という悩みは、誰かと会うしかなく、誰かと会って楽しいかだけ、ダメなら、次の誰かと会う。その繰り返しの中で、愛を見つけるしかない。

愛はかんたんじゃない

コレだ!って、愛を見つけても、愛って、かんたんじゃない。

【湯浅的愛の表現】

・愛は、期待しちゃうから、怒ってしまう。
・愛は、共感じゃなくて、お互いの理解である。
・愛は、名詞じゃなくて、動詞だから、そこにあるんじゃなくて、愛を ” する ” 。
 愛は、人を愛 ” する ” 。
・「愛されたい」という願望には、「愛する」という代償があってはじめて成り立つ。
 自分が愛さなきゃ、人に愛されない。
・お金は使うと減るけど、愛は使うと増える。
・愛は抽象的だから、具体的にしないと伝わらない「ありがとう」

湯浅は、愛の破壊者(バツイチ)だから、愛に勇敢だ、勇者だ。
RPGの好きな職業は、もちろん、遊び人(無職)だ。

お後が宜しいようで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました