みんな知らないマスクの真実

知識

みんな知らないマスクの真実

2021/2/13

マスクの真実

医療従事者で、布マスクやアベノマスクや市販のマスクをしている人はいない。医療従事者は、医療用マスクをしている。医療用マスク以外は禁止されている。

その理由は、医療用マスク以外のマスクはウィルスへの効果がないからだ。しかし、そんな医療界の常識の知識は、テレビという質の低いメディアで報道されることもない。テレビを見ている人が、医療界の常識を知ったら、世の中が混乱してしまうからだ。

ある世界での常識と言われるものは、別の世界では非常識だということだ。その差は、正しい知識でしかない。正しい知識とは、自分で探し出すしかない。真実なんてメディアで報道されることはない。

テレビは無料

テレビが無料で見れるのはなぜか?あんなにおもしろいテレビが無料なわけがない。テレビに出ている芸能人も、テレビを作っているテレビ局も、みんな高給な人たちだ。テレビが無料なのは、そこに、お金が儲かる仕組みがある、資本主義がある、大衆に向けての情報操作がある。

常識や正義なんて、自分が住んでる世界で異なる。自分がどんな世界に身を置くのかは、自分次第だ。自分の常識は、自分が身を置く世界で作られる。

新型ワクチン

日本は安全な国だ。海外で治験がされて安全性が証明された新薬でも、日本独自の規格に基づいて、治験がなされる。それは、新薬がスグに使えないというデメリットはある。新薬が承認されるまでの時間は10年とも言われる。一方で、アメリカ人と、日本人、人種が違うんだから、日本人で治験しないと、安全性の、証明にならないという思想は、非常に安全というメリットもある。

世界的流行風邪の新薬ワクチンは、安全かどうかは、自分で知識を得るしかない。すぐに、体に異常が起きなくても、将来どうなるかわからない。

例えば、視力矯正の手術をする眼科医は、メガネを掛けている。目とは一生ものである、代替えが利かない。眼科医という目の権威が、視力矯正の手術をせずに、メガネを掛けている。

眼科医が、視力矯正の手術をするようになるまでは、視力矯正はしない。それが、湯浅の常識であり、知識である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました