わかる、変わる、行動する

「武器になる哲学」からの思考

【本要約】武器になる哲学4 〜 他人
私という個人は、分かった後と前では、違う人間になる。なぜなら、昨日の自分では、わからなかったことが、今日の自分は、わかったからだ。「わかる」ということは、「かわる」ということである。

2021/8/25

わかるとは、変わることだ。

昨日までわからなかったことが、今日わかるようになったってことは、自分が変わったということだ。

だから、わかるとは、変わることだ。

逆に、変わることで、わかることもある。

変わるとは、新しいことを試してみるということだ。試してみることで、何かを感じる、何かに気付く、何かがわかる。自分が変わることで、何かに気付く。

モノゴトは、表裏一体だ。
A→Bならば、B→Aということもある。
  • わかることで変わる。
  • 変わることでわかる。

この循環である。

本を読んで知識を付けることで変わる。
新しい体験をすることでわかる。

恒常性の中に身を置いて、変化のない世界にいるのは、楽だ。
脳も疲れない、体も疲れない。

一度動き出した歯車を、止めない。
歯車を止めてしまうと、動きはじめるのに、エネルギーが必要になる。

変化の中に身を投じる。

わかって、変わって、また、変わって、わかって、その繰り返しの中に、成長がある。

  • 成長のためには、わからないといけない。
  • 成長のためには、変化しないといけない。

後は、行動だ。
一歩を踏み出せばいい。
行動のための一歩を踏み出そうとすると、エネルギーがいる。

行動は、つまるところ運動だ。

だから、運動する。行動ではなく運動する。

行動するにはエネルギーがいる、運動するのは、簡単だ。目の前を5メートルくらい走ってみればいい。それは運動だ。そして、5メートル走ったつもりでも、実は10メートルくらい走っている。

運動はすぐできる。いつもより少し遠回りして帰るのも運動だ。軽く筋トレするのも運動だ。

そして、運動は、すぐヤメていい。

全然、関係ない運動をする。運動を繰り返すことで、運動が強化されて、行動しやすい身体になる。

行動は体を動かすことだ。体を動かすことは運動だ。

わかって、変わって、行動して
わかって、行動して、変わって
変わって、わかって、行動して
変わって、行動して、わかって
行動して、わかって、変わって
行動して、変わって、わかって

ただ、その繰り返しである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました