「どっちが美味しい?」ではなく「どちらも美味しい」という価値観

湯浅

順位を付けないという価値観

2021/7/27

食べ物が好き!

「とろろご飯と、卵ご飯どちらが好き?」

と聞いて、

「どちらとも好き」

という回答で、順番はない。

好き・普通・嫌いで、区分けされているだけ。

すべてのものには「順番がある」と思っていた。

1本の軸があって、そこに「何でも順番に並んでいる」と思っていた。

順番を付けられながら生きてきた世代と、ゆとり世代の差なのか?

  • 小学校の通知表
  • 中学校のテストの点数
  • 高校のテスト結果の順位表

成績で順番を付けるのが当たり前だった。

成績で順番が付けられ「順位が小さい方が、優秀で偉い」という価値観が、日常として存在していた。

  • 誰かと争うことを、自然と強いられていた。
  • 他者に勝つことを、モチベーションとして植え付けられていた。

そんな教育の中で育ってきた。

背の順や名前順という順番で、体育館や校庭に並ばされた。

順番がないことはなかった。

部活のユニフォームにも順番があった。

そんな教育の中で育ってきたから「何にでも順番が存在する」という価値観が、刻み込まれていた。

教育という権威の意識への刷り込みは、自分で気付けない。

食べ物が美味しい!

どちらとも美味しい。

そこに順番は存在しない。順番を考えない。

新しい価値観は、突然やってくる。否、もともと、そこに価値観は存在していた、それに気付く感度を得た。知識によって、目の前のモノをスルーしなくなった。

そして、どちらとも美味しい。
そこで「順番を思考する必要はない」という価値観を得た。

「いつも、思考すること」だけが正しいわけじゃない。思考しないことには「比べない」という豊かさがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました