自販機を分析する~人は100%絶対に非合理的な行動をする

脳科学

自販機を分析する~人は100%絶対に合理的な行動ができない

2020/8/24 , 9/17

自販機から見る、人の合理的でない行動、その原因は脳にあった。脳は合理的でないから、人は合理的に行動できないのだ。そして、” 脳を合理的 ” に改善することはできない。

自販機を分析する

日本には、なぜこんなに、自販機で溢れているのか?

自販機が至る所にある国なんて、世界広しと言えど、日本くらいなものである。

理由は、売れるからに、他ならない。

100m歩けば、コンビニがあるけど、コンビニの方が、安いことはわかっているけど、そこまで歩いて、行くのが面倒くさいから、目に前にある自販機で、済まそうとする。

不便を解消することに、人は、お金を払う。
便利なことに、人は、お金を払う。

湯浅が、自販機で飲み物を買うことは、ほとんどない。
飲み物を常に持ち歩いているし、飲み物がなくなったとしても、コンビニや、スーパーまで、我慢して、少しでも安い飲み物を買う。

合理的な人とは、めんどくさい、不便という感情をコントロールできる人のことだ。

” エンジニアで、論理的な思考を生業として生きてきた ” 合理的な湯浅でさえ、自販機に手を出すことがある。
高尾山に登ったときだ。
そこは、地上の自販機より価格が高いけど、高尾山に登る間に、飲み物は、全部飲んでしまって、コンビニもない頂上では、割高な自販機で買うしかないのだ。
もっと合理的に、たくさんの飲み物を持って、高尾山に登ればよかったのに、飲み物の量を過小に見積もってしまったのだ。

これは、合理的に行動しているつもりだけど、合理的に行動できていない典型である。

人は合理的な行動ができない

なぜ合理的な行動ができないのか?

人は、自分が合理的だと勘違いし、合理的な行動をしていると勘違いしている。
合理的な行動なんか、できるわけないのである。脳が合理的でないのだから。

脳が合理的でない」と言った人は、ノーベル賞受賞者ダニエル・カーネマンである。

【参考】
ダニエル・カーネマン著)
世界は感情で動く

人が行動する命令を出している脳が合理的でない。
脳が合理的でないのは、脳は、エネルギーを大量に消費する機能なので、常に、省エネモードだからである。

ちなみに、省エネモード解除機能は、備わってない。
初期設定が、省エネモードで、変更不能の機能である。
初期不良品と言ったら、そうかもしれないが。
人は、初期不良品で、合理的でない。

人が合理的でないことを悲観するのではなく、合理的でないという前提で、生きていくしかない。

あわよくば、どんな時に、脳は合理的でない行動をするのかを学び、「また、脳が合理的でない行動させようとしてるな」と考えることができたら、人生、勝ちである。

それほどに、人は、合理的でない行動しかしていない。
そして、自分が合理的だと認識している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました