やりたいこと → やりたくないこと

仕事

やりたいこと → やりたくないこと

2021/5/26

やりたいことが、やりたくないことに、変化することがある。
誰かに強制された時だ。
また、お金を介しても、同じだ。

好きなこと、趣味などがイメージしやすい。

ゲームを例にとる。

ゲームは、自分の好きなときにするから楽しい。例えば、自分の好きなゲームを、朝から晩まで、毎日、続けていくことを、誰かに強制されたとする。いくら好きなゲームでも、1週間も経たずに、嫌になるだろう。1週間は、大丈夫だとしても、1ヶ月もすれば、さすがに、嫌になるだろう。飽きるかもしれない。

そして、もう1つである。お金である。ゲームをしたら、お金がもらえるとする。「なんて嬉しいんだ」と思うかもしれない。例えば、それが、1時間100円だとする。どうだろうか?
これまでは、ゲームしてもお金をもらえなかったのだから、100円でも、もらえるなら、経済的にプラスである。

しかし、時給100円だと考えてしまったら、何だか、不当に安い気がする。今までお金を得ることなく、自分で楽しんで遊んでいたゲームで、お金を得るようになると、変化する。意識が変化する。

ゲームが遊びじゃなくなるのだ。

お金が介在したことで、お金を得ることが目的にすげ替わってしまった。そうすると、ゲームで遊んで楽しくなくなる。

あんなに楽しくて、ずっとやっていたかったゲームが、お金を得るようになり、仕事化してしまったのだ。

ゲームが楽しいのは

  • 自分の好きなときにやるという、自由さである。
  • お金のためではないという、非経済性である。

やりたいことを、やりたくないことにするための術である。やりたいけど、時間の無駄だと思うことを止めるときに、使える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました