プログラミングしたいとおもった

プログラミング

プログラミングしたいとおもった

2021/5/9

  • 毎日、プログラミングの本を読んでいる。
  • 毎日、YouTubeを撮影するためのインプットである。

子どものためのプログラミングなので、プログラミング言語は現段階では扱わない。しかし、本の中で、プログラミング言語を扱っている場合がある。

久しぶりに、プログラミング言語を見ておもう。

たまには、「プログラミングしたいな」と。

プログラミングは、仕事だ。プログラミングは、お金を稼ぐ手段だ。だから、仕事以外で、プログラミングしたことはない。仕事以外で、プログラミングする気もない。

でも、今は、なんとなく、プログラミングして、モノづくりをして、それを動かしてみたい。

自分で考えて、自分で作って、自分の思った通りに動くということは、やっぱり楽しいことなのだ。

プログラミングの信条がある。

  • 論理的である。
  • 誰にでも理解できる。

論理的であるのは、プログラミングしたことない人でも、なんとなく、わかると思う。

「誰にでもわかるって何?」と思うかもしれない。

使い捨てのプログラムも、もちろんある。しかし、プログラムは、再利用されることもあるし、プログラムをシステムにすることもある。

その時に、自分の書いたプログラムを他人に見られて、読まれるのだ。

他人が見た時に、” わかりやすいプログラム ” と ” わかりにくいプログラム ” がある。

わかりやすい文章や説明があるように、わかりにくい文章や説明があるのと同じだ。

文章や説明を読むことで、その人の知的レベルが測れるのと同じだ。

プログラムを読むことで、その人のプログラミングレベルがわかってしまう。

服もセンスだし、プログラミングもセンスだ。

オシャレに見られたいと思うように、知的に見られたいのだ。

プログラミングして、自分の思い通りに動かすのも楽しいが、自分の知的さを表現するのも、また楽しい。

プログラミングは、モノづくりと自己表現である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました