スキって何だろう?

湯浅

スキって何だろう?

2021/2/11

高円寺は、住むまで知らなかった、尖った服の聖地だった。道を歩けば、古着屋である。毎日、服を目にする、そして、湯浅は、服に興味がない。

だから、おもう

『服がスキだから、服屋で働くのは、正しいのか?』

そのことについて、思考する。

服がスキと言っても、

服を作るのがスキ!
服を売るのがスキ!
服を選ぶのがスキ!
服を買うのがスキ!
服を着るのがスキ!

とイロイロだろう。

でも、ほとんどの服がスキな人は、オシャレな人は、服を選んで買って着るのがスキなのである。決して、服を作ったり売ったりがスキではないんだ。

そう、服を選んで買って着ても、お金を稼ぐのは、難しい(今はWEARというSNSもあるが)。服を着て、お金を稼ぐ仕事は、ファッションモデルだ。

だから、服がスキで、お金を稼ぐためには、多くの人は、服を作るか、服を売るかしかない。

そして、多くの人は、服を作れないから、服を売ることになる。オシャレな格好をしたいだけだったのに、気が付けば、売りたくもない服を売っている。

スキなことと、やりたいこと、稼げることは、違う。

世界は、残酷だが、真実でもある。目の前の現実が、真実なのだ。資本主義世界が、真実なのだ。

服を売ることがスキなら、服を売る人になればいいけど、服を選んで買って着るのがスキな人は、服を売る人とは違う。

オシャレな服を着たい人は、服屋に勤めるのではなく、他の術で稼いで、服を買うのが道理なのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました