「死とは何か」からの思考(1) 〜 人生は暇つぶし

「死とは何か」からの思考(1) 〜 人生は暇つぶし

2021/5/12

「人生は死ぬまでの暇つぶし」
みうらじゅんの言葉である

これを聞いたときは、衝撃だった。

何その視点?

でも、よくよく、考えてみると、確かにそうである。

学校や仕事も暇つぶし

学校も仕事も、選択している。
行かなきゃ行かなくてもいい。
「行かなきゃいけない」と思い込んでいるだけだ。

この事実を飲み込んで、腹落ちさせるまでには、時間を要する。

我々は、学校教育を受けて、それを当然として受け入れてきた。そう育てられたのだから、それ以外の新しい価値観の受容に、時間を要する。

新しい価値観を受け入れたとする。

だからと言って、行動しない。
学校を辞めたり、仕事を辞めたりしない。
学校を休んだり、仕事を休んだりしない。

人の習慣はそう簡単に変えられない。

そして、実際に、学校や会社から、解放されたとしよう。行かなくてもいい自由を得たとしよう。

結局は、暇になる。

暇つぶし実践編

最初のうちはいいかもしれない。
しかし、飽きる。
変化のない毎日に飽きる。

飽きて、暇になる。
暇だから、何か新しい変化を求める。

ここで、学校や仕事を再開する人もいるし、再開しない人もいる。

暇だから、本を読んだり聞いたりして、新しい知識を得ようとする。知的欲求を満たそうとする。いろんな知識を得て、世界のことが理解できるようになる。

そうすると、本を読んだり聞いたりすることが日常になる。飽きて暇になる。暇だがら、また、何か新しい変化を求める。

ここで、学校や仕事を再開する人もいるし、再開しない人もいる。

暇だから、本を読んだり聞いたりした知識で、将来、役に立ちそうなことをはじめる。投資、資格の勉強をする。

暇だから、「好きなことをでお金を稼いでみよう」と思う。ブログをはじめる。

投資は長期投資なので、日常で何かすることはない。資格の勉強は、資格取得と同時に終わる。ブログに終わりはないが、日常になる。

飽きたわけではないが、暇になる。

ここで、学校や仕事を再開する人もいるし、再開しない人もいる。

暇だから、お金を稼ごうと考える。
お金を稼ぐ方法は、資本家になって労働者に働いてもらうか、労働者になるだ。

「労働者になることは、搾取されることだ」という知識を本から得たら、もう、労働者に戻りたくない。

不惑にして「資本論」 " 高校生からわかる「資本論」"
資本論を読むと、資本家から労働者が搾取される仕組みが、明確化されていく。損失回避性が、現在の労働意欲を軽減させる。自分で起業するしか道はないと考える。資本論を労働していた時に、読んだなら、明日、会社に行けないかもしれない。

資本家の道を目指すしかない。

お金の勉強をしているときに出会った資本家が言った。

「お金は、人の役に立った対価として得るものだ。」

労働者の時は、労働はお金を得るときの手段として考えていた。

逆だった。
まず、人の役に立つことをする。その結果として、対価のお金を得られる。

では、人の役に立つことをしてみる。
←今ココ(無職800日)

確かに、人生は、暇しぶしの連続であることが証明された。

暇つぶしの結論

途中、途中で、学校や仕事を再開する人もいる。

学校に行ったり、仕事したりは、安易な暇つぶしである。多くの人がそうしているから、疑いもなく安心だ。そして、仕事をすれば、安定的な収入を得られる。

これは、安易じゃない暇つぶしの結果である。より難しい方の暇つぶしへと舵を切った結果である。

本当の暇つぶしは、かんたんじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました