この世界は幻覚

湯浅

この世界は幻覚

2022/3/30

労働価値説

労働は価値があるとするのではなく、価値があることに取り組むことを労働とする。

どんなことに自分は価値を見出すのかは、自分次第だが、他人が価値付けるのではなく、自分が価値付けることで、労働は役務ではなくなる。

世間の価値基準に従っているから、労働は苦となるのだ。自分の価値基準で物事を捉えて、それが、価値があるならば、それに、取り組むことは、世間的には労働であろうが、自分にとっては趣味となろう。

自分が、その物事に対して価値あることを見出しているという、絶対的事実の前には、すべての事象が、正当化される。誰かの価値観、世間の価値基準は、存在しない。

iTが儲かるから、iTをやるのは、世間の価値基準に囚われている。料理が儲からないから、料理をやらないのは、世間の価値基準に囚われている。料理をiT化することに価値を見出すならば、それが、私にとっての労働である。

私にとって価値があり、誰かにとって役に立つ事象、それがお金を生み出す取り組みとなる。

世間というフィルターのかかったメガネを、外すのは容易ではない。

資本家

教養とは、思考の拡張性にある。物事を多角的に捉えるためには、いろんな物事を知っているだけではなく、その物事を解釈する必要がある。自分なりの解釈で物事を捉えることこそが、思考である。世間の価値観に囚われず「 社会なんてクソ喰らえだ 」と叫ぶには「 じゃあ、お前は、どう考えて、どうするのか?」と言った問題への回答を必要となる。文句を言うだけなら、子どもなのだ。

資本主義では、資本家に搾取されるから、労働しないというのは「 社会なんてクソ喰らえだ 」と言っている。

資本家になるのは、当然としても「 何をしたらいいか?」の答えは、自分が価値あることで、他者の役に立つことである。二つのことは同時に考えられないから、自分にとっての価値があることを模索する。

私にとっての価値がある取り組みとは何なのか?

すべての価値付けは、自分なのだ。それが価値観なのだ。

不安と幸福

安心の先に幸福はない。不安の先に幸福がある。

寒いがあるから、暑いを認識できる。ずっと寒かったら、暑いがわかるはずもない。不味いがあるから、美味しいを認識できる。不味いものの後は、普通のものでも、美味しいと感じられる。

片方だけでは、存在しない。
両方が存在するから、片方を認識できる。

安心であることは、そもそも幸福である。だから、幸福の中にいて、日常化してしまえば、幸福であることがわからなくなってしまう。安心の先に幸福はない、安心は幸福を忘れている状態だから、幸福を求めても辿り着くことはない。

だから、やっぱり、不安が必要になる。不安があると、幸福を認識しやすくなる。安心が幸福であることに気付ける。私たちは、幸福に慣れてしまう生き物だから、不安によって、幸福を感じるしかないのだ。

不安は幸福の源泉なのだ。

不安をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブの根本だと見なす。

幻覚

  • 私たちは「 一つの世界に暮らしている 」と錯覚しているに過ぎない。
  • 私たちは「 一つの価値観の社会に暮らしている 」と錯覚しているに過ぎない。
私たちが見えている世界は、幻覚なのだ。

すべてを自分の価値観で作り直した世界が、本当の私たちの世界だ。私たちの世界は外にはあるように考えてしまうのは、錯覚であり、目に見えている世界は幻覚である。

私の価値観で構築した世界こそが、本当の私の世界だ。世界は外ではなく、内側にある。

【本要約】史上最強の哲学入門
西洋哲学は無知を前提として、無知を自覚して、真理の到達を階段式に目指す。一方、東洋哲学は、そもそも理解することは不可能である。

文化

「 世界を変える、世界を変えたい 」と思っても変わらなくて「 結果として世界が変わった 」という時点から考える。結果として変わったのではなく、何をしたら、世界が変わるのかでもない。突き詰めた先にある、世界の変化があるんだ。だから、突き詰めればいい、その先の変化は自然に訪れる。考えても、世界は変えられない。でも、考えようによってのみ、世界は変わるのだ。

私は、文化を作りたい。
エジソンは、朝食という文化を作った。
岡田斗司夫は、レコーディングダイエットという文化、オンラインサロンという文化を作った。
志村けんは、最初はグーという文化を作った。
文化の改変|セミFIRE湯浅淳一|note
2019/8/29@プラハinチェコ 2019/8/29@ミュンヘンinドイツ YouTubeで、おもしろい話を聞いた エジソンと言えば、 白熱電球や蓄音機や電話機が 有名な発明王 Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration. 一般に...

自分がやりたいことを突き詰めた結果、それが大衆に受け入れられ、文化となった。文化を作ろうとしたわけではないのだろう。でも、実際に、人々の生活は、変化し、定着した。

文化を作ることが、私がこの世界に来た意義という気がするのだ。少しだけ、世界を変えてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました