YouTubeという個人の広告

YouTube

YouTubeという個人の広告

2020/11/19

YouTuberが、
最後まで見るメリットを用意するのは、最後には大事なことを話すよって言うのは 、この動画は有料級だから消すかもしれないって煽るのは、途中で、離脱すると、グーグルの評価が下がるから

YouTuberが、
チャンネル登録は、当たり前だけど、コメントやイイネについて、訴えかけるのは、コメントやイイネが、視聴者からの反響を現していて、それが、グーグルの評価に影響するから

YouTuberが、
概要欄のリンクに、本やオーディオブックのリンクを張っているのは、そこから、収益が発生するから

あるYouTuberは、投資において、アメリカ株式と日本株式のどちらがいいか?という情報を発信している、そして、その情報は有益である。一方で、概要欄に、証券口座開設のリンクを貼って、収益を得ようとしている。

実は、YouTubeは、Googleの広告だけでなく、個人の広告も多分に含まれている。個人の広告は、個人の信用をマネタライズしたものである。広告の乱立は、企業と個人からダブルの広告は、顧客離れを引き起こし、個人の信用も失われる。

企業の広告については、昔から慣れしたんで、企業もビジネスだから、仕方ないという風潮はある。一方で、個人の広告は、最近、登場したものである。個人の広告によって、目の前のお金を拾うことで、将来の大きなお金を失っているのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました